671f3636.jpg12月の初めの恒例行事
「WITH THE BEATLES !」
が、今年も開催された。

道東で活躍するビートルズ好きのバンドが集まって
ビートルズのNumberを演奏しまくる楽しい夜だ。

今年は妻と、Kさん夫婦とOさんも一緒だった。
5人の平均年齢はおよそ46歳。
また、ステージに上がっているバンドの人達も40代が多いということだった。
じつは客席に一番多かったのは50代だったそうだ。

さすがビートルズ世代!。

昨日はしかも12月8日。
ジョン・レノンの命日というオマケまでついた夜だった。

二組のバンドが「メリークリスマス」を演奏し、二番目のバンドが「イマジン」を演奏。

「イマジン」が流れたとき

ステージのスクリーンには、偶然にも

ジョン・レノンの顔がアップで大写しになり

会場は、静かな感動に包まれたのだった。

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. ナキウサギ
    • 2007年12月10日 22:15
    • ウチの母は57ですが、やはりビートルズファンです(笑)。
      そして私も「THE BEATLES 1」のCDを持ってます(笑)。

      いい歌は世代を超えていきますね。
      ベタですが、
      「I want to hold your hand」
      「Help!」
      「Yellow submarine」
      などは持ち歌です♪
    • 2. 豆作
    • 2007年12月11日 11:56
    • >ナキウサギさん
      私も青春時代にかなりビートルズを聴きました。
      でも私のころはもうリバイバルヒットのころでした。
      ジョンレノンのソロ活動のころはリアルタイムでしたが、彼は当時育児に専念していて、ピラミッドパワーにハマッたりして、音楽活動はいまいちだったようです(笑)
      「持ち歌」にしているとはすごいですねぇ!
    • 3. 連合会お座敷獣医師H
    • 2007年12月11日 12:57
    • 豆作先生、

      BEATLESは、自作他作に関わらずBEATLES SOUNDになっています。メロディー、歌詞、ヴォーカルハーモニー、リズムとピタリかみ合っているところがすごいです。

      この歳になり、初期のころの勢いある演奏より、後期の崩れかかった曲に切なさを感じております。

      抱きしめたいサムシングありレットイットビー
       頑黒之和
    • 4. 豆作
    • 2007年12月12日 00:46
    • >お座敷先生
      後期の円熟なメロディはたまりませんね。
      long and widing load なんてまるで
      今のポールを予言してるような曲だし。
      コンサートでは、初期の曲のほうが乗りが良くて演奏しやすいようです。
      後期の曲は難しくて皆さん苦労してる感じがありました。
    • 5. 道東リンゴ
    • 2007年12月12日 19:17
    • 初カキコさせていただきます。先日はご来場誠にありがとうございました。また、お店での宣伝に感謝感謝でございます。楽しんでいただけましたでしょうか?我がバンドはいきなり「ノーリプライ」で失敗こいてしまい失礼しました。席取っといてよかったでしょ?あんな凄い客の入りは私がイベントに参加してからは初めてです。道ビー出番の頃には熱気も盛り上がりも最高潮で、気持ち良くプレイできました。また来年さらに良いパフォーマンスをお見せできるように練習して、お待ちしてます。オーナーにもよろしくっす!
    • 6. 豆作
    • 2007年12月14日 22:02
    • >道東リンゴさん
      コメントありがとうございます!
      そして、With the Beatles の成功をおめでとう。
      トリを飾った道東ビートルズの盛り上がりはすごかったですね。
      アンコール曲の、最後のシャウトは、ドラマーリンゴ!めちゃめちゃカッコよかったです。
      うちの奥さんも大喜びでしたよ、なぜか「ベースがいいベースがいい」と騒いでますが(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字