「獣医師は科学者であれ」と、よく言われる。

そして、その言葉を我々獣医師はおおむね肯定的に捉えている。

しかし、獣医学という科学が、しばしば現実離れを引き起こし

臨床現場ではまるで役に立たないことがあるのも、我々は良く知っている。

唯脳論を読んで、その理由がよくわかったのは、前回書いた通りである。

獣医学という科学は、基本的に、『直線』のような幾何学を駆使し、『1+1=2』のような代数理論に基づく学問であり

そういう『直線』や『1+1=2』は、現実ではなく、それを考えるヒトの脳の中にしかない。

すなわち、科学的知見や理論は、この世の絶対的な真理などではなく

自分の脳の所産に過ぎないのだ。

だから現場とズレが生じる。

科学の信望者は、「非科学的なこと」を嫌う傾向がある。

「非科学的なこと」とは何か。

これも前回述べたように、ヒトの感情、愛、気合、思いやりの心、・・・などといったものだろう。

そしてこれらも同様に、我々の脳の所産に過ぎない。

同じ脳の所産であるが

現場で役に立つのは、「科学」か、それとも「非科学」か?

私は、後者に軍配を上げたいのである。

      *    *    *

大雪6例を挙げると

たとえば、牛の難産。

科学的なデーターを蓄積することはよいことだが、難産の牛を目の前にして、データーを調べることを優先してはいけない。

できるだけ早く駆けつけて治療に当たるためには、その牧場を良く知り、そこに飼われている牛への愛、夜中でも出動できる気合、といった「非科学」的なものが役に立つ。

大雪4たとえば、子牛の下痢。

目の前の倒れた子牛の前で、科学的知見を述べることはあまり意味がない。

瀕死の子牛の治療には、助けるぞ、という強い気持ちが大事である。すなわち子牛への愛、飼主への思いやり、が何より優先されるだろう。獣医師にもこういう「非科学」的態度がなければ、子牛の治療はうまく行かない。

大雪5たとえば、乳房炎。

乳房炎についての科学は日々進歩を遂げているのに、いまだにこの病気が減らないのは、科学的な進歩が、なかなか現場の役に立っていないことを示している。

乳房炎多発の牧場では、科学的なデーターを理解してもらうこと、それ自体が難しい。

乳房炎を出してはいけないのだ、という意識改革をどうするか。牛の衛生面のデーターを説くのも必要だが、その前に、実際に搾乳する人々への思いやり、食品を生産しているのだという意識と、消費者等への気配りがなければ、事はうまく進まないだろう。これは「非科学」的な部分である。

   *   *   *

大雪31月5日から8日まで

十勝地方は大荒れだった。

うちの診療所は、防風林の風上に位置している(笑)

そのせいで、非常にたくさんの雪が吹き溜まる。

大雪2どうして、こんなところに診療所を建てたのだろう・・・

と、この時期はいつも思う。