私は、唯脳論を参考にしながら、畜産現場における「宗教」について書こうとしているが

宗教は世界中に、じつにいろいろある。

そこで、私の取り上げる宗教はとりあえず

日本神道、仏教、キリスト教、の3つに絞りたいと思う。

それが私の身の回りの主な宗教だと思うからだ。

宗教は、ヒトの心、精神、魂、霊、といったものを扱う。

ヒトには、形態としての「肉体」と、その機能としての「心」がある。

ここまではたぶん、神道も仏教もキリスト教も、異論はないだろう。

さて、では、ヒト以外の動物、家畜はどうだろう。

形態としての「肉体」が存在するのは、誰も否定できない。

その機能としての「心」の存在はどうか。

これもおそらく、3つの宗教のどれからも、異論はなかろうと思う。

動物にも「心」があるのだ。

動物にも、自らの意思があり、自己意識のようなものは

程度の差こそあれ、たぶんあるだろう。

さて、では

ヒト以外の動物、家畜において

「魂」や「霊」はどうだろう。

ここで、キリスト教は『ない』、というだろう。

キリスト教では、ヒトだけが神から「魂」や「霊」という神秘的な物を植えつけられた存在だからだ。

西洋人は、「心」すなわち「mind」というものは科学的に解明できると考えているらしい。

しかし、「魂」や「霊」すなわち「soul」や「spirit」は、神秘的なもので科学的に解明するのは不可能だと考えているらしい。

キリスト教においては、ヒト以外の動物に「心」はあるが、「魂」や「霊」は『ない』のだ。

キリスト教において、ヒトと他の動物との間は、ここで完全に分断されている。

したがって、家畜に対して慰霊をする、という発想はなく

家畜をヒトに与えてくれた神に感謝する、謝肉祭が行われる。

西洋人の脳は、そういう考え方で、家畜を見ているのである。

これに対して・・・

神道や仏教は、家畜に「魂」や「霊」は『ある』、というだろう。

その証拠に、われわれは「畜魂」という言葉を何の疑いもなく使う。

また「一寸の虫にも五分の魂」などという言葉もある。

畜魂碑ヒトの前世が

動物だったりする

輪廻の世界が存在する。

ヒトと動物との間に

キリスト教のような決定的な断絶は、ないのだ。

写真は

高さが5メートルはあろうかという

立派な畜魂碑。

我が診療区域内の

家畜共進会場に建っている。

当然、年に一度

この碑の前で

家畜の慰霊祭が行われる。

我々、東洋人の脳は、そういえ考え方で、家畜を見ているのだ。