今日は3月3日。

IMG_0330我が家には三人の子供がおり、上の二人が女である。

それぞれ生まれてからもう26年と24年になった。

二人目が生まれた頃

爺と婆は我が家にお雛様を買ってくれた。 

それが、写真のような

IMG_0331なかなかちゃんとしたもので

ずいぶん奮発してくれたものだと今になって思うのである。

しかし、もらった当時は正直のところ

箱から出して 並べるのが大変で

めんどくさいなぁ・・・

IMG_0332などと罰当たりな事を考えながら並べていたものである。

毎年出して並べているのであるが

子供が小さかった頃の、ひな祭りの記憶がほとんどない。

当時は今よりもきっと慌ただしくて

ゆっくりとお雛様を眺めたりはしていなかったのだろうと思う。

IMG_0333娘が二人とも社会人になって、家に住まなくなってからも

毎年お雛様は飾っている。

今年も約半月前にお雛様を出して並べた。

今年は、このお雛様をゆっくり眺める時間がある。

よく見てみると

これは結婚式なのである。

三官女が手に持っている大きな柄杓のようなものは

正式には何という名前なのかは知らないが

以前、姪の結婚式のときに

巫女さんが全く同じものを

同じように顔の前に掲げて持っていたので

よく憶えている。

うちの二人の娘も

そろそろの年齢にさしかかって来たのだが

どうなのだろう・・・

今はもう、適齢期などという言葉は聞かなくなってしまったし

結婚をしない人たちも増えているようだ。

妻などは

娘達に向かって、結婚なんてしなくていい・・・とか

いつでも別れられるように、手に職を付けておきなさい・・・などと

何度も繰り返し言っている・・・(苦笑)

でも私は

正直、私の気持ちとしては 

良いご縁に導かれて

幸せな結婚をして

孫の顔でも見せてほしいものだ

と、思っている。

 
生活・文化 ブログランキングへ