オランダ原産のホルスタイン種と

日本原産の黒毛和種とを比較して

色々違いを感じることは多々あると思う。

そんな出来事の一つとして

以前の記事にも書いた通り

IMG_3102町内の*牧場で

砂利や小石のたくさん混ざったコーンサイレージを

ホルスタインの初妊牛群に与えていたら

IMG_3104そのサイレージをきれいに平らげたうちの1頭が

ひどい第四胃食滞を起こして緊急手術になり

危ないところで助かったという出来事があった。

IMG_3107上から

3枚目までの写真は

その時のものである。 

昨日

たまたま

その*牧場の

今度は、和牛の繁殖牛の牛舎へ

牛を診に行く機会があった。 

そこの飼槽を覗いてみると

なんと

砂利や小石が

写真のごとくズラリと残されていた。 

IMG_3525「これって・・・」

「あ、これですか(笑)」 

「もしかして・・・」

「はい、このあいだ手術してもらったホルにやってたサイレージなんですよ。」

「和牛にはまだやってるんだ。」 

「ええ。こいつらはちゃんとこうやって、きれいに残して食べるから、大丈夫なんですよ。」

「へー、和牛は大丈夫なんだ・・・ホルには・・・」 

「もちろん、もうやってないですよ(笑)」 

「ホルスタインは・・・」 

「あいつらは小石とかあっても、バカ食いして、全部平らげちゃうんで(笑)」 

「和牛よりバカなのかねー(笑)」

バカとか言ってしまうと 

語弊があるかもしれないが

少なくとも 

ホルスタインは

和牛よりも

食事に関するデリカシーが欠けている

ということは

間違いなく言えるだろうと思う

そんな出来事なのであった。 

人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画を撮りました

写真をクリックして

ご覧いただけます