私の妻が経営している、

「カフェ・モッキンバード」という名の店は、

実際は、いわゆるカフェなどではなく、

単なる「場末の飲み屋」であることは、

地元の皆さんにはすっかり知られるようになった。 

しかし、そんな店であっても、

一応はまぁ、一つの飲食店であり、

飲食店という所には、必ず

IMG_0768「食品衛生責任者」

という者を置かなければならない事になっている。

私の妻の店の場合

その、食品衛生責任者は本人ではなく

開店当初から、私がその責務を担っている。

獣医師であると、講習をせずとも

食品衛生責任者になれたからだった。

ところが、平成15年に

食品安全基本法という法律が制定されてからは

獣医師であろうが誰であろうが

食品衛生責任者になるためには

必ず講習を受講しなければならないという事になった。

その第1回は、今から5年前の平成22年に行われた。

その時の様子は、過去の私の記事にも書いた通りである。

それから約5年が経過して

IMG_0539今年の11月、再び

食品衛生責任者の講習会が開かれ

それを受講せよとの通知が我が家にも届いたので

先日の月曜日に

私が受講しに行く事になった。

IMG_05405年前の前回

この講習会を初めて受講した時

意外にも

非常に面白い内容だったので

今回も期待して、私は講習会に足を運んだ。

IMG_0541聴いてみると、今年も期待通りの

とても面白く、ためになる内容だった。

例えば、食中毒の話。

食品衛生に関する話のメインといえば

やはり食中毒の話なのだが

IMG_0551病原性大腸菌O157、腸炎ビブリオ、サルモネラ・・・

ノロウイルス、アニサキス・・・などなど・・・

話を拝聴していると

ヒトの食中毒とはなんと恐ろしく

現代社会を浮き彫りにする、集団病理なのか

というのが、よくわかった。

IMG_0546過去の事例を何例か紹介してもらいながら

我が国の食中毒事故の発生から収束、予防法まで

懇切丁寧な話を聴くことができた。

思えばこの5〜6年間

我々はいろいろな食中毒のニュースを耳にしてきた。

IMG_0585また食中毒事件に発展しなくとも

「食品安全基本法」「違反」したことで

マスコミに取り上げられて

大騒ぎになったニュースがたくさんあった。

それらの多くが

食品というものを大量に生産

食品というものを大量に売買

食品というものを大量に運搬

食品というものを大量に消費する。

そんな現代社会が生み出した

社会病理のような一面を持っている。

ここでいう「食品」というものは

我々人間が食べる品物であることは言うまでもないが

私はそこで、ちょっと考えた。

食べ物を食べると言う行為をするのは

我々人間だけではない・・・

ヒト以外の動物達もまた

食べ物を食べている・・・

特に、家畜たちは

飼料という名の食品を

毎日大量に食べているではないか・・・

そして

それらの飼料は

毎日毎日、大量に生産され

毎日毎日、大量に売買され

毎日毎日、大量に運搬され

毎日毎日、大量に消費されている。

そんな畜産業界にも

飼料にまつわる様々な事故が起こっている。

それは人間社会の食品衛生業界と

全く同じような

瓜二つの社会病理的な一面があるのではなかろうか・・・

そして、そのメインは、やはり

食中毒ではなかろうか・・・


(この記事続く)


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして

ご覧いただけます。