「食品安全基本法」という法律について、

私が5年前のこのブログに書いたことを、

ここでもう一度繰り返して書いてみたいと思う。

それは・・・

この法律は平成15年(2003年)に制定された法律で

日本の食品衛生の根幹となる法律である。

この法律の画期的なのは、その目的、基本理念だといわれている。

それは、すなわち

国民の生命及び健康の保護」

IMG_0580である。。

今となっては当たり前の考え方のようだが

制定当時、存在していた古い食品衛生法の

食品に対する法律の基本理念というのは、そうではなく

その文言というのは

「・・・もって、公衆衛生の向上及び増進に寄与する。」

という、健康よりも産業発展の重視とも取れるような

曖昧な表現によって結ばれていた。

それが

この「食品安全基本法」では

「・・・もって、国民の健康の保護を図る。」

という、国民の健康をまもる

という文言がはっきりと入ったものになったのだ。

法律の目的が

産業保護から健康保護へ

生産者保護から消費者保護へ

と大転換したのである。

しかも、この「食品安全基本法」は

諸々の法律の中でも位の高い「基本法」であり

その所管も、農水省や厚労省ではなく

内閣総理府の消費者庁にある。

わが国の食品に関する考え方は、この7〜8年の間に大きく変わったのである。

その理由は・・・

「食品安全基本法」の制定のころは

ガット・ウルグアイラウンド合意を発端として

わが国の食品の流通はタガが切れたように増大している。

それにつれて、大規模な食中毒(平成8年のカイワレ菜のO−157、平成12年雪印大樹工場ブドウ球菌)

あるいは、平成13年の肉骨粉によるBSE、平成14年牛肉の偽装事件、など

食品の安全性を脅かす事件が相次いで発生するようになる。

そんな背景から誕生したのが

平成15年の「食品安全基本法」、というわけである。

その理念の第二項には

「食品の供給に関する一連の行程の各段階における安全性の確保」

という文言も明記されている。

これはどういうことかというと

食品が誕生する最初の段階から

最後の国民(消費者)の口に入るまで

一貫した、安全性の確保がなされなければならない、ということなのである。

と・・・

まぁ、およそこういう事を

私は5年前に書き

「食品安全基本法」という法律を

自分なりに理解していた。

あれから5年ほど経った今年

また再び「食品安全基本法」についての講習を受けた。

再びの講習を受けている最中に

突然私の頭の中に

ある思いがこみ上げてきた。

それは単なる思い付きに過ぎないものだが

それが消えずにどんどん膨らんできて

どうしようもなくなってしまった。

その思い、とは何かというと

国民の健康を護る」という言葉を

IMG_0580さらに拡大できないのか

という思いである。

わが国で食品を消費しているのは

われわれ国民である事は言うまでもない。

IMG_0581しかし、わが国で

食品を消費しているのは国民(ヒト)だけではない。

わが国の家畜(ヒト以外の飼育動物)たちも

餌という食品を消費しているではないか。

IMG_0595国民が食品を食べる構図と

家畜が餌という食品を食べる構図に

どれほどの違いがあるのだろう。

我々と同じ気候風土の中で生きている家畜たちである。

我々が食べる食品と、家畜たちが食べる食品(餌)

IMG_0596そのどちらもが

消費する者の知らぬところで生産され

年々流通量が増大している。

「食品安全基本法」は

「食品の供給に関する一連の行程の各段階における安全性」

を監視することによって

国民の生命および健康を護る」

を実現しようとするものである。

IMG_0601私は

獣医師として

この法律の理念を

もう一つ拡大させて

「家畜の食品(餌)の供給に関する一連の行程の各段階における安全性」

を監視する

「家畜食品安全基本法」

というものが制定されることを期待する。

その目的は

もちろん

家畜の生命及び健康を護る」

である。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして

ご覧いただけます。