子宮脱星を支配するナゾの巨人、

子宮脱大魔王の正体を暴くために取り組んできた(?!)、

子宮脱最中の牛の、

血中カルシウム濃度の測定。

先日ようやく、

最も気になっていた初産の牛の、

子宮脱時におけるカルシウム濃度を測定する機会を得た。

これまで私がカルシウム濃度を測定してきた子宮脱の牛たちは

たしか7〜8頭だと思ったが

全て経産の牛であった。

それらの血中カルシウム濃度は

ことごとく低値で

ことごとく 3〜4 mg/dl 前後の

強い低カルシウム血症を示していた。

そこで

私は

「牛の子宮脱の必要条件の一つは、低カルシウムである。」

という仮説を立ててみた。

この仮説を実証するためには

経産牛子宮脱の血液ばかりではなく

どうしても、未経産牛

すなわち、初産の子宮脱の牛の

血中カルシウム濃度も測定して

それが、経産牛と同様に

低カルシウムであることを示さなければならなかった。

IMG_0507そして先日、とうとう

その機会がやってきたわけである。

もし、臨床検査センターに出した

初産の子宮脱の牛の血液が

低カルシウムであったならば

私の仮説は

俄然、現実味を帯びてくることになる。

私は、その結果が

臨床検査センターのWEB上に出されるのを

楽しみに待っていた。

そして

先日ついにその結果を見た。

それは以下の写真の通りだった。

BlogPaint











クリックして拡大して見ていただければわかるが

血中カルシウム濃度は

9.7 mg/dl 

・・・ということは

正常値。

・・・ということは

私の立てた

「牛の子宮脱の必要条件の一つは、低カルシウムである。」

・・・という仮説は

見事に否定されてしまった。

低カルシウム血症は牛の子宮脱の必要条件ではなかったのだ・・・

経産牛の子宮脱には

必ずといってよいほど見られる低カルシウム血症が

初産牛の子宮脱では

見られなかった。

私の推理は根底から崩れ去ってしまった。

子宮脱という病態と

低カルシウム血症という病態が

私の頭の中では強くリンクしていたのに

今回の血液検査で

その両者が一気に

遠く離れて

どこかへ飛んで行ってしまった。

窓の外を見ると

遥か夜空の銀河の淵の

子宮脱星のある方角から

私をあざ笑うような

子宮脱大魔王の

不気味な声が

微かに

聞こえてくるのだった・・・


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして

ご覧いただけます。