分娩後6日目という珍しい時期の子宮脱、

その初診で整復棒を深く差し込んで、

とりあえず整復したものの、

その後の食欲廃絶、

起立不能となり、

これは子宮穿孔から腹膜炎にでもなってしまったかと、

心配しながらの治療が1週間続いた。

そして7診目、

Рさん宅に行くと、

牛舎のタイストールには、

牛の姿はなかった。

昨日のРさんの話だと、

自力で立った時に外へ出す

ということだったので

私は牛舎の外のパドックへ目をやった。

そこへРさんの奥さんがやって来た。

「牛、外に出したの?」

「はい、そこにいますよ。」

見ると

治療していた牛がパドックの雑草の中にポツンと立っていた。

診察しようと近寄ると

牛はにげまわるよにスタスタと歩いた。

1231B3B1-DE26-4BE6-8134-13F7C813EB53T38.8  P100  起立自由 食欲回復傾向。

「胃の動きもよくなってるし、大丈夫だね。今日で終わりにしましょう。」

「はい。」

私はこの牛に最後の抗生物質を筋注して、

治療を終了した。

その後、現在まで約2週間

この牛は元気にしているようだ。

腹膜炎はおそらく無いと思われる。

ただ、どうして

分娩後6日も経って子宮脱になったのか?

6BEE0D15-4DD0-4B73-B258-AC58AFD1A884その原因として考えられるのは

分娩直後から子宮の反転があり

それがいつまでも治らずに残っていたのではないだろうか?

さらに、この牛はストールで立つのが下手なので

普通の牛よりも子宮が押し出される腹圧が強かったのではないだろうか?

それに加えて、やはり低カルシウム血症があったのではないか?

すなわち

「子宮の反転」

「腹圧」

「子宮の軟化」


という3つの特殊な事情の重なりを考えた。

そして

今回の珍しい子宮脱から

一般的な分娩直後の子宮脱の原因にまで

想像を巡らせてみると

まず

胎児や胎盤の娩出に伴って生じる

「子宮の反転」

という第1の現象があって

怒責や横臥(起立困難)によって生じる

「腹圧」

という外力と

低カルシウムなどによって起こる

「子宮の軟化」

という現象

この3つが重なって

子宮脱が誘発されるのではないだろうか?

この3つの現象は

子宮脱の三要素(!?)

とでも言えるのではないか?

この三要素の重なりが

ある限界を超えた時

子宮脱が発生する(!?)

そんな子宮脱の発生機序を

おぼろげながら

想像させるような

今回の症例だった。


(この記事終り)



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして

 
 見ることが出来ます。