「子牛の喉が腫れている・・・」

という稟告で診たのは、

生後3ヶ月のホルスタイン♀ 。

なるほど、

左の喉というか耳下腺付近が、

大き目のみかんのように腫れている。

IMG_2349触診してみると、

かなりの硬度で、

波動感はない。

「耳下腺炎だろうか?」 

「昨日くらいから急に腫れが大きくなってきたんだけど・・・」 

「かなり硬いね。」

「耳下腺炎といえば・・・」

「オタフク風邪。」

「えっ、マジ?、俺オタフク風邪まだやってないんだけど・・・」

「それは気をつけないと。」

「牛にもオタフク風邪ってあるの?・・・」 

「いや、無い(笑)」 

飼主の★君に冗談を飛ばしつつ 

私はこの腫れの正体を

色々考えていた。

普通よく経験するのは

子牛の奥歯から黴菌が入り

アメ玉をしゃぶったように

ピンポン玉くらいの大きさの腫れが

上顎や下顎にできるパターンなのだが

今回のように

耳の下が大きく腫れるのは

ちょっと珍しいと思った。

この腫れは

耳下腺の組織なのか

唾液が溜まっているのか

血が溜まっているのか

化膿しているのか

それとも腫瘍なのか

確定診断する必要がある。

「針を刺してみよう。」 

IMG_2351私は穿刺検査をすることにした。

注射器につけた18Gの長針を

硬い腫れ物の半ばまで

差し込むと

白く濁った液体が

IMG_2352注射器の中に入ってきた。

「あ、膿瘍だね。」

「オタフクじゃなかった(笑)」

「切開しよう。」

「お願いします。」

 IMG_2353確定診断ができたところで

あとの治療は一本道である。

子牛の頭を動かぬように保定して

膿瘍の最下部を

メスで

IMG_2354切開排膿

創は大き目に3〜4センチ

膿汁を中に残さぬように

創は開放したままにして

後は

IMG_2356抗生物質の数日投与を指示し

治療を終えた。

後日

この膿汁の

細菌培養結果が来た。

BlogPaint菌は2種類

Streptcoccus agalactiae(無乳性レンサ球菌)

Pasteurella multocida (パスツレラ)

が検出された。

今まで私がよく経験した

E.coli (大腸菌)や Pseudomonas (シュードモナス)は

検出されなかった。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして

 
見ることが出来ます。