前回の記事で、

人類は「牛に感謝」をすべきである、

ということを書かせてもらった。 

人類・・・などというと、

あまりにも漠然としているので、

これから少し対象をしぼって、

IMG_3577我々畜産関係者、

その中でも酪農に関わるの人達にしぼって、

「牛に感謝」

をすることについて 、

もう少し書かせて頂こうと思う。

 本来は子牛が飲むべき母牛の乳を

子牛に直接に飲ませることなく

その乳を売って生計を立てている酪農家と

その酪農家に出入りして仕事をしている我々獣医師

あるいは酪農関係の業者や団体の人々は

「牛に感謝」

をするべきである。

牛がいなければ仕事のない人たちである。

しかし、それらの人々の外見を見ただけでは

本当にこの人たちが

「牛に感謝」

の気持ちを持って働いているかどうかは

よくわからない。

口では感謝の意を表していても

行動が伴っていない人というのは居るものである。

それを何で判断すれば良いか。

「牛に感謝」をしているのであれば

「牛を大切にする」のは当然であり

出来るだけ「牛を健康に」飼うはずである。

その酪農家の牛が

健康であるかどうかの目安の一つとして

私は、NOSAI保険の死亡率をあげたい。

多くの酪農家はNOSAIの保険に加入している。

IMG_3644加入している酪農家と

そこに出入りしている人たちが

どれだけ「牛に感謝」をしているかの目安として

その農場の牛がどれだけ健康でいるかを示す

NOSAI保険の事故率、病傷率、死亡率、廃用率

は、良い指標になると思う。

中でも特に、死亡率が高ければ高いほど

その農場の牛たちは不健康と言うことができる。

IMG_3645保険という性格上

止むを得ない災害や

いろいろな事情によって

一時的に

NOSAI保険の死亡率が高くなることはあるだろう。

しかし、長期的に

何年間もNOSAI保険の死亡率を見てゆくと

毎年コンスタントに死亡率の高いままの酪農家が

一定の数だけ、必ず存在する。

毎年毎年、慢性的に死亡率が高く

保険金の支払いが

毎年必ず限度を超えてしまうような酪農家。

そんな酪農家に飼われている牛たちは

ほぼ間違いなく不健康であり

その牛たちは「大切にされていない」と判断できる。

牛を大切に飼っていないから

死亡率が高いのであり

その酪農家は

「牛に感謝」

をする気持ちが乏しい

と言うことができるだろう。


(この記事続く)



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。