昨日帯広で、

9月に行われるコラボ展示会の打ち合わせがあった。

写真、美術、建築、書道、俳句、のコラボレーションという、

毎年どうなるのか、

まるでわからない不思議な展示会で、

とてもワクワクする。

その中心的人物の一人で、

IMG_3721前衛書道の大家、

八重柏冬雷先生が、

なんと、

私のために、

篆刻印(てんこくいん)を彫ってくれた♪

打ち合わせ会議に間に合わせて

IMG_3720持って来てくれたのだ。

伝統俳句協会賞のお祝いということで、

大変ありがたく頂戴した。

とても嬉しい♪

私が今まで使っていた篆刻印(落款印)は

市販の消しゴムをカットして

豆作をもじった

マメサックルの図柄を彫ったという

IMG_3725かなりお恥ずかしい代物で

いつまでもこれを使ってるのも

なんだかなぁと思っていた処だった。

そんな矢先に

タイミングよく

素晴らしい贈り物を戴いた。

まさに

天から授かった

宝物である♪

八重柏冬雷先生によれば

IMG_3718この文字の字体は

「篆書体(てんしょたい)」の中の

「金文」という

古代中国の青銅器に彫られていた字体で

いわゆる象形文字からちょっと進んだ書体だそうだ。

これからは

一生涯の唯一の

宝物として

この篆刻印を使って

自分の作品を

揮毫してゆけたら

いいなと思う。

八重柏冬雷先生

どうもありがとうございました!



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。