素晴らしいイベントだった。

俳句結社「藍生」の全国の集いと、

北海道の俳句集団 【itak】との、

合同イベントが、

7月14日(土)・15日(日)の2日間にわたって行われた。

1日目は

お笑いコンビ・ペナンペパナンペさんの漫才

演歌師・岡大介さんのかんから三線投げ銭ライブ

黒田杏子さん・夏井いつきさん・吉田類さん・橋本善夫さん・五十嵐秀彦さんによる

当日出句の俳句を選評するトークショー 

IMG_3884が行われた。

まさに錚々たるメンバーでのイベントで

集まった人の数は250名以上となった。

かでる2・7の大会議室は満員。

青山酔鳴さんをはじめとする【itak】 のメンバーが

続々と準備を始める中に

私もちゃっかりと入り込んで

少しお手伝いさせていただいた。

我が親愛なる同僚獣医師の頑黒和尚ことH田獣医師が

【itak】の 幹事の1人になっていて

当日の応援を頼まれていたこともあるが

それより何より

夏井いつきさんとその師匠の黒田杏子さんの

生の声を聞きたいというのが大きかった。

IMG_3883内容は盛りだくさんで

この場でそれを書き切ることは

とうてい無理なことだが

俳句を中心としたイベントで

これほど活気のあるイベントは

今まで経験したことがなかった。

五十嵐秀彦さんがことあるごとに言っていた

【itak】は組織ではなく運動である

という意味がまた少し

理解できたような気がした。

完成された組織ではなく

未完成な運動だからこそ

どこまでも動いて動いて

その中に活気が生まれるのだ。

そのことを最もよく理解して

自らを奮い立たせて動きに動いている

青山酔鳴さんの行動力が

とても大きな存在で

その姿を見て

若いスタッフの皆さんをはじめ

私のような者さえ

そこに吸い込まれるように

動いてゆく・・・

これぞ運動体の実現だと私は思った。

1次会場のかでる2・7から

新札幌のホテルエミシアへ

バスで移動し

懇親会が行われた。

この懇親会がまた素晴らしかった。

そのクライマックスは

歌手の豊川容子さんの歌だった。

アイヌ語の子守唄や

叙事詩「ユカラ」は

IMG_3889聞いていると

天地万物の霊や魂が

豊川さんに乗り移って

美しい音色の声を上げているような

不思議な感覚に陥って

心を深く揺さぶられた。

IMG_3893最後は

参加者全員を巻き込んで

熊や兎や鹿になりかわり

みんなで踊りを踊るという

最高潮の盛り上がりで

IMG_3894懇親会が終了した。

「ユカラ」を

じっと聴き入っていた

黒田杏子さんの姿が

とても印象的だった。



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。