十勝毎日新聞の社長が東京へ出向き、

斎藤農水相とのインタビューをした記事が、

昨日の勝毎に大きく取り上げられていた。 

1面の見出しばかりではなく、

12面と13面にまで及ぶ記事だった。

その内容は、

日本の農水相が十勝の農業に対して、

大きな期待を寄せていることが解るもので、

それはとても有り難いことであると思う。

IMG_4021しかし

農水相が十勝の農業に寄せている

「期待」

の内容が

どうも気がかりだ。

記事の写真をクリックして

読んでいただければ解るが 

IMG_4024記事のいたるところに

「輸出」

の文字が踊っている。

農水相は十勝の農業に対して

「輸出産業としての期待」

を抱いていることが強調されている。

かつての十勝の農業の位置付けは

IMG_4023「日本の食糧基地」

だった。

それが変化してこれからは

「輸出食糧基地 」

と言っているような印象を受ける。

内容をもう少し見て見ると

「国内の農産物需要の減少を補うために『輸出が必要』と繰り返し強調した。」

とある。

そして

「国内の農産物の需要の減少」

した理由として

「人口の減少」

を挙げている。

だが

これは本当にそうなのだろうか?

日本人の人口減少は確かにある。

それによる農産物の需要の減少も

確かに少しはあるだろう。

しかし

「国内農産物の需要の減少」

の最も大きな理由は

「日本の人口の減少」

などではなく

「外国農産物の輸入」

であり

外国農産物の輸入が増えているから

「国内農産物の需要が減少」するのである。

外国産の安い農産物に

国産の高い農産物が負けるから

国内需要は外国産に食われて

「国内農産物の需要が減少」するのである。

日本の食糧自給率は

相も変わらず下がる一方である。

農水相のこの記事での発言は

国内の農産物の消費場所を

国内から外国へと移す狙いがあるようだ。

これは、何だか

おかしくはないだろうか?

国内の農産物の自給ができている国ならば

国民の食糧が自国の農産物で賄えている国であれば

その余力で農産物を輸出するというのは

納得できる行為である。

しかし

農産物の自給のままならない国が

農産物の輸入が増え続ける状態のまま

農産物の「輸出」に力を入れよ

と農水相が言っている。

外国から安い農産物を買って国民を養い

日本国内で作った農産物は外国で消費させる。

こんな農業を

十勝の農業に「期待」して

はたして良いのだろうか?


(この記事続く)



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。