朝の往診先を振り分けて、

各獣医師が往診へ出かける時間帯に、

重種馬生産農場の鵑気鵑ら電話がかかって来た。

「尻から何か出てるんだけど、流産でないべか?」 

こういう稟告の時は、

ほぼ間違いなく流産である。

まずは

どの往診よりも先に

その馬の流産を確認してから

今日1日の往診を巡ってゆくことに決めた私は

往診の最初に鵑気鸞陲亡鵑辰拭

「あの馬なんだけど、今そこの枠場に入れるから。」

鵑気鵑捕まえた馬の後ろを追うように

私たちは馬を枠場の中へ誘導した。

馬は、用意した枠場に

すんなりと入った

と、思いきや

突然驚いたようにバックした。

枠場の後ろのロープを渡す暇もなく

再びゲートインのやり直しとなった。

今度は少しゆっくりと

少しずつ枠場の中へ誘導した。

馬は、ようやく

枠場の中に入った

と、思いきや

再び驚いたようにバックしようとした。

しかし今度は

鵑気鵑頭絡のロープを

前方の柱に結んでいたので

馬は後ずさりできず

首を伸ばして

柱に結んだロープを思い切り引っ張り

後肢をバタつかせた。

「・・・危ない!・・・」

と思って私は馬から離れた。

鵑気鵑惑呂料以で柱に結んだロープの端を握っていた。

IMG_5036馬は

枠場の中で後肢を滑らせて

しゃがみ込んでしまった。

横に張ったロープに首が引っかかり

苦しそうな鼻息をあげた。

「あーあ、こりやダメだ、足元が凍れて滑るんだな。」

鵑気鵑麓鵑砲かったロープを鎌で切り

IMG_5038馬の態勢を楽にさせて

一声かけると

馬は枠場の中で立ち上がり

すぐさまバックして枠馬から遠ざかった。

「この馬、枠に入るの嫌いなの?」

「そうなんだよ。すぐバイキ(バック)ばっかりしやがって、癖なんだ。」

「危ないね・・・。」

「・・・ちょっと待ってくれよ。今、砂を持ってくるから。」

IMG_5043鵑気鵑蓮∀半譴梁元に

目の荒い砂を撒き始めた。

一通り撒いたところで

鵑気鵑隼笋

馬を再び枠場に誘導しようと馬を追った。

IMG_5042ところが

馬は一向に枠場に入ろうとしない。

撒いた砂を嫌っているのか

一歩も枠場に近寄ろうとしない。

「枠場に入れるの諦めるか・・・」

「・・・その方がいいね。そこの柱にロープ渡して、寄せてやるか。」

IMG_5045鵑気鵑隼笋

馬を小屋の隅の柱に繋ぎ

馬の体にロープを巻くように保定し

尻尾を別のロープで縛り上げた。

さらに馬が暴れないように

IMG_5046鼻捻りをした。

「よし、これでようやく診れるね。」

私はカッパに着替えて

手袋をはいて

診察の準備をした。

鵑気鵑硫箸僕茲討ら

すでに

1時間近く経過していた。

私は馬の陰部に

手を挿入した。

「・・・。」


(この記事つづく)


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う

「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→
クリックして

見ることが出来ます。