「お産で足が変・・・らしいんだけど・・・」

昼過ぎの暑い時間帯に追加往診が入った。

「よろしくお願いします・・・今、俺共進会場にいるんで・・・ヘルパーが家にいるんで・・・」

「・・・了解。直ぐ行きます。」

きのうはホルスタインの全道共進会。

酪農家のΣさんは、牛を出品している最中だった。

牛舎に着くと、見慣れないヘルパーさんがいた。

分娩房で寝ている牛は

陣痛で力んでいる様子もなく

ぐったりと疲れ切っているように見えた。

陰部からは

胎児の肢が一本だけ見えていた。

手を入れてみると

仔の肢は後肢だった。

もう一本の肢は産道の奥の方にあり

なかなか手が届かなかったが

それも後肢だった。

なんとか球節を掴んで引っ張ってくることができ

それからは普通の尾位(逆子)の分娩介助である。

しかし尾位の介助の時

胎児が生きていると

必ずといって良いほど足を動かすものだが

今回の胎児の肢は全く動かなかった。

胎児の肢に介助ロープと滑車を取り付けて

ヘルパーさんと力を合わせて牽引すると

かなりキツかったが

大きな♂の胎児が出てきた。

胎児はすでに死後硬直が始まっていた。

陣痛微弱だったために胎児が死亡したのか

他に原因があって胎児が死亡したのか

定かではないが

残念な結果になった。

介助を終えてカッパを脱ぐと

カッパの裏側は汗に濡れ

下着も汗に濡れていた。

親牛にカルシウム剤などの補液を施し

足を洗って帰る支度をしていると

33B8249E-2401-42C9-B459-8663165B65E8Σさんのばあちゃんがやってきた。

「・・・安田さん、スイカ食べるかい?」

お盆にのせた角切りのスイカは

目にまぶしい赤い色をしていた。

「・・・あんまり甘くないかもしれんけど。」

18A95441-AF78-49DB-88C4-7A845838A1F3そのひと切れを取って

口に含むと

冷えたスイカの香りとともに

甘い果汁が口の中一杯に広がった。

「ん!、うまーい!」

E5F3BD56-29A0-40B9-AFBC-BAEF307E40D4「・・・そうかい(笑)」

残暑の中で

カッパを着る難産介助は

暑さがより身に堪えるのだが

このスイカの一切れで

それを吹き飛ばすことができた。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う

「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→
クリックして

見ることが出来ます。