ブックカバーチャレンジの2回目は、

飯田龍太著「俳句の魅力」。

IMG_0338


















私がまだ20代の頃、

川柳にどっぷりとはまり込み、

新聞の川柳欄に投稿したり、

地元の川柳結社の句会に出たり、

札幌川柳社などの数冊の川柳雑誌を購読していた頃、

帯広市内の田村書店の本棚で、

何気なく手に取った本がこの本。

よくあることだが

川柳にはまっている身にとって

「俳句は敷居が高い。」

と感じていた。

そんな私だったが

この本を手にとってパラパラと読んでいると

取り上げられている俳句の数々が

「なんてカッコイイんだろう!」

と思えた。

さらに

それらの俳句を解説する著者(飯田龍太)の文章が

簡潔でピリリとしていて

「なんてカッコイイ解説文なんだろう!」 

と思い

思わず買ってしまった一冊。

その内容は

底知れぬ深い魅力に満ちていて

「川柳もいいけど、やっぱり俳句もいいな。」

と、私に思わせ

「俳句もやってみっか。」

と、私に思わせ

川柳ばかり作っていた私に

俳句といものの魅力を植え付けて

離れざるものにしてくれた。

この本は

何度読んでも

今読み返してみても

「俳句はやっぱりカッコイイ!」

と思えるし

「飯田龍太の解説文はやっぱりカッコイイ!」

と思えてくる。

「カッコイイ」というのは

大切なことだと思う。

私が

川柳から

次第に

俳句へと

重点をシフトしてゆくきっかけとなった一冊。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う

「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→
クリックして

見ることが出来ます。