十勝平野の中央にある我が診療区域、

幕別町は畑作の盛んな地域である。

今頃往診に回っていると、

IMG_2753あちらこちらで、

豆の収穫風景が見られる。

葉を落として

褐色に乾燥した

小豆や大豆などを

コンバインが刈り進む光景である。

小豆は蕎麦などにも使う小型のコンバイン

IMG_2752大豆は麦に使う大型のコンバインを

それぞれの作物に合わせた脱穀機を取り付けて

あっという間に刈り進んでゆく。

そんな光景を眺めながら

私は

「・・・豆の収穫も、ずいぶん変わったなー・・・」

と、一人つぶやくのだった。

私がこの地に就職した頃は

豆の収穫といえば

堆(ニオ)積み

だった。

数株づつ刈り取られた豆が

畑に整列して置かれ

それを手作業で

大きな堆(ニオ)に積んでゆく。

積み終わると

雨除けの青いビニールの傘が被せられる。

豆を堆(ニオ)で風に晒し

かりかりに乾燥させると

風味が増すと言われている。

畑には傘をつけた堆(ニオ)が

美しく整列するのが

晩秋の十勝の幕別町の風景だった。

それが今では

堆(ニオ)積みの一つも

見ることができなくなっている。

晩秋を感じる風物が

いつの間にか

またひとつ

消えていた。

一昨日の十勝毎日新聞のコラムに

十勝の畑作農家で歌人の時田則雄さんが

豆の収穫について書かれていた。

「畝の上に点々と並ぶ堆(ニオ)を眺めていると心が躍った。」

IMG_2759と書かれている。

また

現在の豆刈りは

「昔と比べると夢のようだ。」

とも書かれている。

作業効率が

格段に上がったのだ。

人気ブログランキング

IMG_1061












YouTube「ポコペンチャンネル」のアーカイブ配信

ぜひご覧ください。

「ポコペンチャンネル」チャンネル登録

していただけると嬉しいです!

詳しくはFMウイングのHPへ。


IMG_2775
左の写真の道具を使う

「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→
クリックして

見ることが出来ます。