ミニチュアホースの小さい体格に合わせた、

専用の小さい枠馬は、

この馬たちを飼うためには、

必須の施設である。

今回は

その枠馬に

ミニチュアホースを入れて

ロープで普通に保定し

IMG_4973さらに

左右の後肢を

左右の後柱に縛り

股間を操作しやすいように保定した。

鎮静剤(ドミトール)を投与し

IMG_4975陰嚢を消毒し

局所麻酔(キシロカイン)を注射。

片手で

精巣が2つ手の中に収まるように握り

もう片方の手に持った安全カミソリで

IMG_4979正中を縦に約5僂曚

切皮する。

結合組織をできるだけ

鈍で剥がしながら

補助的にカミソリで剥がしながら

IMG_49832つの精巣を

創口から露出させる。

露出させた2つの精巣を

同時に引いて

2本の精索を確認し

IMG_4985そこに

ニコイチ捻転棒のフックをかける。

2本いっぺんに

フックにかけるのが

ニコイチ捻転法のミソである。

ミニチュアホースの精巣は

IMG_4987約5ヶ月の子牛の精巣と

ほぼ同じ大きさなので

子牛に使っているニコイチ捻転棒は

サイズがぴったりで

とても使いやすい。

ここまで来れば

あとは

子牛の去勢と全く同様に

捻転棒を回すだけである

精索に引っ掛けた捻転棒の

フックを回す。

フックを引っ張らずに

ただひたすら

ぐるぐる回すだけである。

IMG_4989約十数回

捻り切れるまで回して

切れたら

創口にヨーチンをスプレーし

抗生物質(マイシリン)を筋注し

IMG_4990抗鎮静剤(アンチセダン)を静注し

保定のロープを外して

終了である。

ミニチュアホースの

ニコイチ捻転去勢法は

IMG_4993以上のように

保定や鎮静や麻酔には

入念な準備が必要だが

いざ

施術を開始したら

子牛の去勢と同様に

数分で終えることができる。

施術中の

子牛と違っているところを

あえて言うならば

陰嚢の正中を縦に切皮することと

皮膚と精巣の被膜の間の結合組織が

子牛よりも固く

剥がすのに時間かかかること

くらいである。

以上が

ミニチュアホースの

ニコイチ捻転法による去勢の

一例報告である。


人気ブログランキング





IMG_1061












YouTube「ポコペンチャンネル」のアーカイブ配信

ぜひご覧ください。 

「ポコペンチャンネル」チャンネル登録

していただけると嬉しいです!

詳しくはFMウイングのHPへ。


IMG_2775
左の写真の道具を使う

「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→
クリックして

見ることが出来ます。