数日前に同じ飼主さんから、

再びミニチュアホースの去勢の依頼があったので、

その症例もついでに報告しておこうと思う。

年は同じくらいの成馬である。

IMG_5244体重は80kg程度

専用の小さな枠馬に入れる。

ロープで保定する。

後肢2本は柱に縛る(蹴りの予防)。

鎮静剤(ドミトール)を0.5ml静注。

IMG_5246術野をヨーチンで消毒。

局所麻酔剤(キシロカイン)を注射する。

陰嚢ごと2つの精巣を同時に掴む。

陰嚢の正中を約5僂曚廟敞蕕垢襦

結合組織を鈍に剥がしながら

IMG_5248またはカミソリで剥がしながら

2つの精巣を同時に創口から露出させる。

2本の精索を同時に捻転棒のフックに掛ける。

棒を回転させて捻る。

捻り切れるまでひたすら回転させる。

IMG_5251捻り切れたら出血の程度を確認する。

抗鎮静剤(アンチセダン)を0.5ml静注する。

保定を解く。

簡単に書けば

以上のような手技となる。

IMG_5253今回は

同僚のC獣医師に施術してもらい

私がカメラマンになった。

牛の診療所の獣医師は

全員が牛の去勢には熟達している。

IMG_5256子牛とサイズの同じな

小型馬の去勢は

保定と切皮が若干違うだけで

ほぼ同様の手技で行うことが出来る。

馬の無医村の

IMG_5257牛の獣医師でも

こうして馬の去勢を

簡単に行うことが出来ると思う。

手技は簡単なのだが

それをする機会が少ない

というのが

IMG_5259馬の無医村で働く

我々の悩み事であるので

次回はいつになるのかわからないが

こうして

ブログに症例報告を書いておけば

それを見ながら

どこかの馬の無医村地域で

誰かが初めて試みようとする時の

参考になるのではないか

と思っている。

ちなみに

このニコイチ捻転用の去勢棒は

サイズを大きくしたものがあれば

例えば

サラブレッド用のサイズや

重種馬用のサイズの

太くて大きな捻転棒を作成すれば

どのような大きさの

どのような種類の馬でも

ニコイチ捻転は

可能であろうと

考えられる。


(この記事終わり)



人気ブログランキング





IMG_1061












YouTube「ポコペンチャンネル」のアーカイブ配信

ぜひご覧ください。 

「ポコペンチャンネル」チャンネル登録

していただけると嬉しいです!

詳しくはFMウイングのHPへ。


IMG_2775
左の写真の道具を使う

「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→
クリックして

見ることが出来ます。