北の(来たの?)獣医師

北海道十勝地方で牛馬を相手に働く獣医師の最近考えていることを、 散文、韻文、漢詩 でつづったものです。

牛の診療

「牛の乳房炎」のガイドブック

北海道はすっかり秋らしい気候になって来た。

普段なら、

秋の爽やかな空の下で、

夏バテ気味の牛たちの健康は回復し、

日々の往診件数は少なくなり、

獣医師の仕事は時間的に余裕が出来る。

出来た余裕で、

秋の学会シーズンを迎え

新しい勉強に励んだり(学問・読書の秋)

色々なイベントに参加して

自分の趣味に打ち込んだり(芸術・スポーツの秋)

する季節である。

しかし

今年はちよっと勝手が違う。

先日の大地震と

それに伴う大停電によって

牛たちの、特に乳牛たちの健康が

いつものように回復していない。

我が診療地区の乳牛たちは

JA(農協)や出荷先(よつ葉乳業)の

停電に対する防災意識が比較的高かったおかげで

大事に至る事は無かった。

しかし、乳牛の職業病である

乳房炎はなかなか減ってくれない。

そのような中で

麻布大学のK合先生をはじめ

私の身近に居る

乳房炎に詳しい獣医師の方々から

IMG_4263「乳房炎抗菌剤治療ガイドブック」 

という冊子が

紹介されたので

ここに貼り付けることにした。

酪農関係者の方々に目を通していただき

活用して頂いて

乳牛の健康を少しでも取り戻す為に

役立てて欲しいと思う。 


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  
 

牛のピアス

日本で飼われている牛は、

必ず耳にピアスをしている。

ピアスと呼べば洒落てはいるが、

かなりダサいピアスであり、

正式な名前?は、

個体識別番号が印字された、

黄色い下地の四角い耳標である。

全国共通の10ケタの番号で、

個体の識別のために用いられている番号だから

同じ番号の牛は

当然どこにも居ない。 

この耳標は

かつてBSE(牛海綿状脳症・いわゆる狂牛病)の牛が

日本で発見されたとき

牛の生産履歴(トレーサビリティ)すなわち

牛の出どころを突き止めるための法律が整備され

日本国内の全ての牛の耳に

装着することが義務付けられた。

それはとても画期的なことで

私は当時の畜産農政をすばらしいと思ったのを

今でも覚えている。

この牛のピアスに書かれている番号によって

日本の全ての牛の出どころが判るので

伝染病の蔓延などの問題の出どころを

突き止める事が出来るようになったのである。

その事で

日本の牛肉や乳製品は 

他国の牛肉や乳製品よりも 

安心と安全が守られているといっても良い。

外国から輸入する牛肉や乳製品は

日本のような生産履歴はない。

外国から生体で輸入される牛たちも

日本の検疫所で初めて耳標が装着されるので

IMG_3820それ以前の出どころは定かではない。

日本の牛はこのピアス(耳標)によって

外国ら輸入される牛よりも

安全と安心のレベルを保っている。

しかし、最近

この耳標が

IMG_3821外れている牛をよく見かけるようになった。

耳標が外れているものばかりではなく

耳がちぎれて耳標が取れてしまっているものも

少なくない。

どこの飼主の家でも

IMG_39411頭や2頭の

耳標落ちの牛を見かける。

牛の耳標か外れやすい材質になっている

とも聞いている。

日本の牛の安全安心レベルを保つためにも

IMG_3943牛の耳標の落ちた牛は

直ちに装着しなおしていただきたい

と同時に

耳から落ちにくいように

耳標の改良を進めていただきたいものである。



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  

 

 

カーフハッチの使い道

酪農場において、

仔牛の飼育場所は、

色々あるけれども、

その主流になっているのは、

カーフハッチであろう。

我が町で、

もっともポピュラーなのは、

クリーム色の樹脂で出来た

IMG_3796写真のようなタイプの

カーフハッチである。

どこのメーカーなのかは知らないけれど

このタイプのカーフハッチが

一番人気のようだ。

カーフハッチというくらいだから

当然

仔牛(カーフ)が入っているのだが

たまには

それ以外の動物が入っているのを見ることがある。

IMG_3797写真の一番左のハッチには

随分と顔の長いやつが入っていると思いきや

馬だった。

大きさも手頃のミニチュアホース

カーフハッチではなく

ホースハッチ

である。

ただこれでは

運動不足になるなぁ・・・

IMG_4124また別のハッチを覗くと

なにやら小さな動物が・・・

猫の親子だった。

ニャーフハッチ

IMG_4119である。

「ニャンか用か?・・・」

その隣のハッチにも

小さな子猫が

IMG_41221匹だけ

瞑想に耽っていた。

みなしごハッチ

である。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  

 

 

難産胎児の誤嚥性肺炎

「和牛の難産で側頭位、昼から帝王切開。」

昨夜の当直だったK獣医師から、

そんな連絡を受けていた。

IMG_3965午後から手術室で待機していると、

△さんの牛が運ばれて来た。

「ちょっと手を入れてみるかい?」

「はい。」

胎児を探ってみると

側頭位だったという胎児の頭部の

眼窩と鼻梁を簡単に触れることができ

それを掴んで

押し引きしていると

胎児の頭部がこちら向きに変わり

失位を整復することができた。

「直りましたよ。」

「そうかい!、じゃあそのまま牽引しよう。」

二人の獣医師と△さんの3人で

胎児を経膣で

簡単に引き出すことができた。

「お、まだ生きてるよ。」

「心臓は動いてますね。」

「でも、呼吸がない・・・」

私とK獣医師は

直ちに子牛の蘇生に取り掛かった。

K獣医師が人工呼吸をしている間に

私はジモルホラミン(呼吸刺激剤)を投与。

さらに人工呼吸を繰り返し

子牛はようやく自発呼吸を始めた。

IMG_3963「なんとか助かった!」

親牛を手術室へ運ぶと決めた時点から

約6時間が経過していた。 

側頭位ということで

胎児は死亡している可能性が高かったが

この胎児の場合は

生きていたので

自発的に首を動かし

手術室に連れてこられる間に

胎位が直ったのだと思われた。

IMG_3964「生きててよかったですね。」

飼主の△さんも

喜んで親子を荷台に運び入れ

めでたく帰路に着いた。

ところが

それから3日後

「子牛の様子がおかしくなった・・・」

という連絡が入り

この子牛が

誤嚥性肺炎を引き起こしていることが判明。

高熱と呼吸の速迫が続いた。

それから毎日

点滴と抗生物質の投与を繰り返し

懸命な看病を続けた。

しかし

この子牛は

とうとう

生後9日目に

死亡してしまった。

残念な症例になってしまった。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  



 

乳牛の過敏(アレルギー)症

「牛の顔が腫れて来た・・・」

そんな往診依頼の電話が来た。

酪農家の♭さんの、

その牛の顔を見ると、

両目が開けられないほどに、

IMG_3831眼瞼が腫れていた。

良く見ると、

眼瞼ばかりではなく、

鼻腔や外陰部などにも、

充血と熱性の浮腫があった。

外傷は全く見当たらない。

これは何かの過敏(アレルギー)反応の結果であることは間違いなかった。

IMG_3827頻度はあまり高くはないが

牛ではたまに

過敏反応による体表の軟部組織の

充血と浮腫が起こり

それが顔に出て

治療を依頼されることがある。

IMG_3828「何か変なものを食ったんでしょうかね・・・」

「・・・かもしれないねー」

「カビてるサイレージかな・・・」

「・・・それならまず下痢するかなー」

「何か虫にでも刺されたんでしょうかね・・・」

「・・・どうなんだろうねー」

IMG_3832「ハチとかアブとかかな・・・」

「・・・まぁこういうのは夏に多い気もするけどねー」

「あまりヤバそうな虫は飛んでないですけどね・・・」

「・・・山の中でもないしねー」

「やっぱり何か変なもの食ったんですかね・・・」

「・・・うーん、でも何でこの牛だけこうなるのかなー」

「こいつだけ過敏なんですかね・・・」

「・・・まぁ、そういうことになるのかなー」

飼主さんとの話は

だいたい何時も

堂々巡りになり

ちやんとした診断や

原因の究明は

できぬままになる。

一体、何がどのように

牛の体を刺激して

それがどのような仕組みで

このような過敏反応を起こすのだろう?

いつもよく解らぬままである。

しかし

治療法はといえば

単純明快で

抗ヒスタミン剤の投与

それだけでよかった。

翌日には

顔の腫れもすっかり引いて

食欲もめでたく回復し

元の牛になったという連絡をもらった。

こういう往診は

いつもこのような流れで

大事に至らず終わるので

記憶にも記録にも

とどまりづらい。

せめて

出た症状の写真を撮り

この場にUPしておくことにした。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  





 

開拓時代の牛。

白黒写真の牛たちは、

IMG_3916北海道開拓時代の牛。

大正から昭和初期に、

撮影された牛である。

先日の俳句イベントの2日目は、

新札幌からほど近い、

IMG_39152北海道開拓の森での吟行だった。

あいにくの天気で人はまばらだったが、

ゆっくりと静かに場内を回ることができた。

さて

この写真の中の牛たちを

もう一度よく見ていただきたい。

IMG_3916牛舎の中に繋がれて

並んでいる写真だ。

牛たちの足元などをよく見ていただきたい。

牛がとても

キレイである。

IMG_3911開拓時代の

どこの牛舎の牛かははっきりしないが

牛がとても

キレイである。

きっと毎日

IMG_3918牛舎から放牧地へ出され

朝と夕方の搾乳の時に帰ってきて

並んで餌を食べている時の写真であろう。

現代の牛たちの足元を思い浮かべてほしい。

今の牛たちは

IMG_3916この写真の牛たちほど

キレイだろうか?

開拓時代と同じくらいキレイに

牛を飼っているところももちろんあるだろう。

しかし

私が毎日往診にゆく酪農家の牛の

多くがキタナい牛たちである。

不衛生でキタナい牛が

病気になって

我々は毎日毎日

往診に呼ばれるのである。

IMG_3050現代の牛たちは

開拓時代の牛と比べて

随分キタナくなってしまったようだ。

IMG_1909特に

フリーストールで

過密に飼われている牛たちは

キタナい牛たちが多い

また

繋がれていても

外へ出されることなく

朝から晩まで繋がれっぱなしの牛たちは

キタナい牛たちが多い。

開拓時代から

現代へと

酪農技術は進歩したと言われるが

それは本当だろうか?

1頭あたりの乳量は確かに増えただろう。

しかし

かつてはキレイに飼われていた牛たちが

キタナく飼われるようにになってしまった

現代の酪農は

牛たちにとって

進歩と言えるのだろうか?



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  



 

ボロボロな牛たちの涙

牛が涙もろい動物であることは、

あまり知られていない。 

IMG_3766小中学校の授業でも、

大学の講義でも、

そんなことは教えない。

だが

牛が涙を流しているところを

写真に収めようと思えば

いくらでも集めることができる。

IMG_3761牛が涙を流すのは

不本意なことをされた時のようである。

不本意なことをされて

不愉快になったり

恐怖心が湧いたりした時に

涙を流すようである。

牛の涙の写真を撮るためには

頭をロープで縛らないと

動かれてしまってうまく撮れない。

写真に撮る時は

頭をロープで縛らざるを得ない。

IMG_3762牛の涙は

頭をロープで縛ることによって

涙が涙管を逆流して

物理的に涙が溢れ出るだけだ

という説もあるが

鼻先を目より低く縛った時にも

牛は涙を流すので

その説明には無理があると思われる。

IMG_3844先日は

起立不能で

ボロボロになっている牛が

滂沱の涙を流していた。

この牛は

頭をロープで縛っていないが

弱って大人しく

写真のような

滂沱の涙を流していた。



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  



 
 





 

ボロボロな乳牛たち

チーズやバターやヨーグルトなどに、

IMG_3649加工しない「牛乳」、

すなわち「生乳(せいにゅう)」の需要が、

本州では、

年を追うごとに、

高まっているという。

IMG_3826それを受けて、

北海道内の酪農は、

減産から増産へと、

大きく転換している。

IMG_3826道内から道外への

生乳の移出の量は 

平成15年を境に

グンと上昇し始めた。

本州の酪農家と

北海道の酪農家は

かつては生乳生産で対抗し

南北戦争

などと言われたものだが

それが平成15年に決着がつき

北海道の酪農の勝利に終わった

と言うこともできる。

勝利に歓喜しているわけではないが

北海道の酪農家は今

生乳の買い取り価格の上昇

子牛の価格の上昇

などで景気が良い。

搾乳すればするだけ収入が増え

そのためにお産させた乳牛は

IMG_3050せっせと乳を搾られる。

生まれた方の子牛も

将来の乳牛候補として

飛ぶように売れてゆく。

北海道の酪農家にとって

IMG_3049これは良いことなのだろう。

しかし

それぞれの酪農家を

一軒一軒よく見てみると

IMG_3048一概に良いとは言えない部分がある。

特に

牛の健康管理

という面から眺めてみると

IMG_1909それは顕著である。

搾乳した生乳を

どの酪農家も同じように販売していて

出荷乳量だけを見れば

IMG_1020どの酪農家も同じように見える。

ところが

搾乳する乳牛の

健康状態には

IMG_0940それぞれの酪農家によって

雲泥の差がある。

私は、最近

よく思うことがある。

IMG_0358「ボロボロの牛が増えたなぁ・・・」

北海道の牛たちは

以前よりも

ボロボロになってきているのではなかろうか。

IMG_0357それは

生乳の需要の増加に伴う

増産体制と

密接に関係しているように思われる。



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  



 
 

新しいタイプの往診依頼

「食欲不振の牛が4頭いるんですけど、診てもらえますか・・・」

∀牧場の息子さんから、そんな往診依頼が来た。

∀牧場は牛の総数が50頭程度の育成牧場である。 

そんなところの牛が4頭も、

食欲不振になったというのは尋常ではない。

私はとっさに伝染病や食中毒などの、

集団的な病態を思い浮かべた。

∀牧場に着くと

息子さんがやって来た。

「4頭も食欲がないって・・・どうしたの?」

「$さんの預かりの牛なんですけど・・・ファームノートの反芻量が落ちてるんで・・・」 

「ファームノート?」 

「はい・・」 

ファームノートというのは

帯広市に本社のあるIT企業が売り出している牛群管理システムである。

農場の牛の1頭1頭の首にセンサー(首輪型ウェアラブルデバイス、という)を取り付けて 

IMG_3792そのセンサーが感知する情報(歩行数、休息時間、反芻量、など)を

本社にある人工知能へ発信してそこで集約し

契約者のスマートフォンへそのデーターを還元するシステムである。

飼主はその牛群のリアルタイムのデーターを24時間活用することができる。

「ファームノート、か・・・」

私は、これは新しいタイプの稟告だ、と思った。
IMG_3794
「ここ数日、反芻量が落ちている牛がいるんで、ちょっと気になって・・・」

「ファームノートの反芻量・・・ってどうゆう数字なの?」

 「単位はわからないんですけど、正常な時は「6」で、それより下がると落ちているらしいです・・・」

「で、今回の4頭はどれくらいの数値なの?」

IMG_3791「上がったり下がったりするんですけど、「1.7」とか「4.3」とか・・・」

ファームノートが発信する反芻量は

グラフ化されて飼主のスマートフォンに届くようになっている。

私は、その端末の画面を見せてもらった。

「なるほど、これがそのグラフなのね。」

IMG_3793「はい、そうです・・・この緑の棒グラフが反芻量です・・・」

「反芻量が落ちてる4頭、診せてもらおうか。」

「はい。」

私は、連動スタンチョンに入っている牛たちの中から

反芻量の落ちているという4頭を

順次、診察していった。

1頭目は、体温38.7、聴診による第1胃動ほぼ正常、便正常、眼光良し。

2頭目は、体温38.8、聴診による第1胃動ほぼ正常、便正常、眼光良し。

3頭目は、体温38.7、聴診による第1胃動ほぼ正常、便正常、眼光良し。 

4頭目は、体温39.2、聴診による第1胃動ほぼ正常、便正常、眼光良し。

であった。

4頭すべて妊娠牛だった。

私はこれらの牛たちが

伝染病や食中毒ではないことを確認した。

「反芻量が落ちてるっていうのは、暑さなのか・・・理由はよくわからないな。」 

「そうですか、$さんから獣医に診てもらってくれって言われたもんですから・・・」

「とりあえず、健胃剤出しておくから、それを飲まして様子見てね。」

「わかりました・・・」 

かくして私は

ファームノートのデーター上で変化の見られた牛の治療(?)を終えた。

治療・・・といってもこれは従来の治療ではなく

予防的な診療行為になるだろう。

考えて見ると

こういう仕事は

私のようなNOSAI診療所の治療型(火消し)獣医師のする仕事ではなく 

牧場専属のコンサルタントの予防型(火の用心)獣医師のする仕事であろう

と、思った。

ちなみに

診察した4頭の中で

2番目に診た牛は非常に気性が荒く 

体温計を肛門に入れようとする時大暴れして

後脚を何度も蹴り上げる牛だったので

私は危うく

1発蹴りを喰らうところだった。 

フアームノートの首輪のセンサーは

牛の気性の荒さは

感知してくれないようだ・・・


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  



 
 

足元清浄装置

¢さん宅の子牛の治療を終えて、

いつものように、

足を洗おうと牛舎の入り口付近に戻り、

水道の蛇口を探していると、

IMG_3779なにやら見慣れぬ物を発見。

それは、

排水溝の上に置かれ、

四角い縦長の二枚組の箱状物で、

内側の左右と底に白いブラシが出ており、

IMG_3782水道からのホースが付いていて、

ブラシの部分に水が噴出するようになっていた。

「これ、足を洗う装置?」

「そう。」 

「へー、すごいなー。」 

「いいでしょ。」

「初めて見たなー。」 

「このあいだ市場に行ったときあって、いいなと思ってね。」

IMG_3780「こうやって足を入れるのね。」

「そう。」 

「あ、キレイになる。」 

「なるでしょ(笑)」 

「これはいい。」 

パイプの手摺りがついているので

それを掴んでいると

足を動かしても体が楽である。

良い装置があるものだと感心して

私は左右の足を洗った。

IMG_3781「でも値段が(笑)」

「いくら?」 

「5万くらい。」 

「やっぱり結構するねー」

「うん。」 

「でもそれだけの値はあるかなー。」 

我々のように

毎日牧場を訪問する獣医師にとって 

どの家にもこのような装置があったら

どんなにか衛生的で

かつ仕事が楽になるか 

そう考えると

各JAさんには

補助を出すなどして

足元清浄装置の

設置を推進してほしいものだ

と思った。 

ただ

ひとつ気になるのは

厳冬期に

凍結しないかどうか

である。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  



 

病気の総合デパート

「お産なんですが、子宮捻転みたいなので、来て欲しい・・・」

そんな電話が診療所にかかって来たのは、

午後3時を過ぎた頃だった。

「・・・わかりました、すぐ行きます。」

電話の主の♭牧場の分娩用の古い牛舎で、

牛は産気づいて少し苦しんでいるようだった。

手を入れると、

産道が普通に捻れていた。

用手法でしばらく

子宮を押していると

何度かの陣痛のうちに

胎児の頭が産道に乗って来たので

子宮捻転は整復され

普通のお産となった。

産道は狭かったが

滑車を使って

F1の♀の胎児を

無事に出産させることができた。

「有難うございます、よかったです!」 

臨床獣医師は

難産介助が成功した後

飼主さんからこう言われるのが1番嬉しい。

「よかったー!」

という

飼主さんの

この一言を聞くと

我々臨床獣医師は生き甲斐を感じる。

この一言を聞くために

我々は仕事をしていると言ってもいいだろう。

満たされた気分で帰路につき

診療所でカルテを書き

夜間当番の時間帯に

入ろうという矢先に

電話がかかって来た。

「さっき子宮捻転で診てもらった牛なんですけど・・・」

♭牧場からだった。

「・・・どうしました?」

「子宮脱になっちゃったんですけど・・・」

「・・・えええーっ!、わかりました、すぐ行きます。」

 ♭牧場に着くと

さっきの牛の産道から

子宮が間違いなく脱出していた。

「・・・立てないですか?」 

「産んでからは立っていないです・・・」

「・・・ハンガーで吊りましょう。」

♭さんが牛を吊る準備をしている間に

私はこの牛に注射するための

カルシウム剤を車から取って来た。

子宮脱の牛は低カルシウム血症になっていることが多いので

いつものように

牛の頸静脈に針を刺すために

頭部を保定しようとした

その瞬間 

牛は大きく頭を振り上げ

私と反対側の床に

バッタリとその頭を打ち付けて

深い息を吐いて 

視線が中空を泳ぎはじめた。

IMG_3685「・・・あっ・・・これは・・・」 

「なんか変ですね・・・」 

「・・・これは、まずいな・・・死んじゃうな・・・」 

「え、マジですか・・・」

「・・・あ・・・だめだ・・・」 

「・・・」 

牛は最後の大きな息を吐いて

あれよという間に死んでしまった。

子宮脱を整復している途中や

子宮脱を整復した直後に 

その牛が死んでしまうことは

私は何度も経験しているが

今回はまだ整復にとりかかる前に

死んでしまうという

あっという間の出来事だった。

IMG_3687「・・・マイッタな、これは。」

「・・・」

「・・・指示書を書きますね。」

「・・・」

私は数時間前の満たされた気分とは真逆の

飼主さんの沈黙「・・・」という

最悪の雰囲気の中で

死亡畜処理の指示書を書いて

♭さんに渡し

解剖の依頼をすることにして

帰路に着いた。

後日

処理場の獣医師から剖検の書見が送られて来た。

BlogPaintそれによると

私が最も疑った腹腔内の出血はなく

うっ血型の心筋症

という所見が記されていた。

この牛はどうやら心臓も相当弱っていたらしい。

それにしても

1頭の牛が1回のお産で

子宮捻転と子宮脱が立て続けに起こったのを

診療した経験は

私には

過去を振り返っても

なかったように思う。

そしてさらに剖検によって

うっ血型心筋症が顕著だったとは

過去の記憶を辿っても

あまりなかったように思う。

この牛は

疲れ切ってボロボロになってしまっていたようで

まさに

病気の総合デパートのような症例だった。



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  



 

ついでの難産

この日の午前中の最後の往診は、

和牛繁殖農家の〓さんの、

妊娠鑑定だった。

やっている最中に、

「1頭お産前の牛がいるんだけど・・・ちょっと診てくれます?」 

ついでの仕事を頼まれた。

よくあることである。

妊娠鑑定を全て終え、

その牛に手を入れてみると、

胎児の足がすでに産道に来ていた。

しかし

「中で死んでるみたいで・・・」 

〓さんの話では

ここ数日忙しくて

分娩の監視が疎かになっていて

今朝気づいたらこんな状態だったという。

胎児の足はやや膨れた感じで

手を奥に入れると

死んで膨れ気味の頭部に触れた。

気腫胎のようだった。

「・・・このまま引っ張ってもきっと無理だから、粘滑剤を入れますね。」 

私はバケツ1杯の粘滑剤を作って

それをカテーテルで胎児と子宮の隙間に注入。

胎児と子宮の間に粘滑剤が 行きわたるように手を添えながら 

粘滑剤が溢れてくるまで注入。

「・・・これで引っ張ってみましょう。」

胎児の足に産科ロープを付けて

その先に牽引の滑車をつけて

胎児を牽引する

が、胎児はほとんど動かなかった。

牽引の力に耐えられず

親牛が寝てしまった。

「・・・これは引っ張っても無理だから、帝王切開しましょう。」

 「はい、お願いします・・・」

「・・・胎児はもうダメだけど、親をなんとか助けるということで。」 

「わかりました・・・」 

親牛はその後

なんとか立つことができたので

〓さんの家畜車に乗って

この牛は、診療所の手術室に運ばれて来た。

私は大急ぎで昼飯の弁当を食べて

IMG_3559帝王切開に取り掛かった。

同僚のK獣医師とT獣医師が助手に入ってくれた。

重たくパンパンに張っている子宮から

大きな死亡している気腫胎児を摘出し

子宮と腹膜と筋層と皮膚を縫い上げ

IMG_3560牛が乗った手術台を下ろし

寝ている牛に

起立を促した。

しかし

牛は立つことができなかった。

IMG_3561「・・・ハンガーをつけて吊り上げましょう。」

牛の腰角にハンガーを取り付けて

チェーンブロックで吊り上げた。

しかし

牛は前足を踏ん張ることができず

IMG_3562立つことができなかった。

「・・・ちょっと休ませて、補液治療ましょう。」

リンゲル、ブドウ糖、を投与し

30分程経った頃

再び起立を促した。

しかし

牛は立つことができなかった。

「・・・このままここに置いておきましょう、私は今日当直なんでずっと居ますから。」

〓さんには自宅に帰ってもらうことにして

今日はこの牛が立てるまで

このまま手術室に置いておくことにした。

「・・・牛が立ったら、連絡しますから取りに来てくださいね。」

「わかりました・・・」

私達は牛が寝ているままの手術室を片付け

勤務を終えた。

夜になり

私は手術室に居る牛と

同じ診療所の中で夜を明かすことにした。

午後8時頃、水を与え、補液治療をした時は

IMG_3563牛はまだ立てなかった。

午後11時頃、水を与え、治療をした時は

牛はまだ立てなかったが

牛の頭の向きが変わって居た。

立とうとする意思はあるようだった。

午前1時頃、様子を見に行ったとき

牛の呼吸が少し荒くなって居た。

しばらく観察していたが

牛はやはり立つことができなかった。

午前4時頃、様子を見にゆくと

牛は頭を横に倒し

動いていなかった。

死んでしまった。

私は直ぐ、〓さんに電話を入れた。

「・・・牛、死んでしまいました。」

「そうですか、じゃあ取りにゆきます・・・」

「・・・いや、取りに来なくてもここから処理場へ持ってゆけますから。」

「そうですか・・・」

「・・・指示書のコピーを後で届けます。」

「安田さん、やっぱり取りにゆきますよ・・・」

「・・・ここからそのまま処理場へ持ってゆけますけど。」

「うん、そうだけど、やっぱり取りにゆきます・・・」

私は、それを断る理由はなかったので

〓さんの言うことに従った。

「・・・そうですか、じゃあ指示書を書いて待ってますね。」

30分ほどたち

〓さんは自らこの死亡した牛を取りにやって来た。

そして黙々と

牛の足にワイヤを取り付けて

牽引滑車で牛を荷台に乗せて

死亡した牛とともに

自宅へ帰って行った。

手術室で死亡した牛は

ここから直接

処理場へ運ぶこともできるので

こんな手間をかけることは

無駄な作業と言えるのだが

〓さんは

この牛を

どうしても、もう1度

自宅に連れて帰りたかったのだろう。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  








 

 

搾乳牛の肩の外傷

「今朝産んだ牛が立てない・・・」

そんな、とてもありふれた稟告で、

§牧場に着いて、治療の牛を探した。

「あっちです・・・」 

§さんの指さすD型倉庫の中で、

牛が立っていた。

「・・・立ったんだね。」

「ええ。立ったんですけど・・・」

牛をよく見ると

IMG_3588左の肩に大きな傷があった。

「・・・これはどうしたの?」 

「搾乳牛舎で寝てる時に、自動給餌機が来て・・・」 

「・・・自動給餌機!、停止しなかったの?」

「はい・・・」

§牧場は繋ぎ飼い牛舎で 

牛の飼槽部を巡るように

箱型のモノレールのような

自動給餌機が

一日何回も行き来して

搾乳牛に餌を与えている。

最近よく見かけるスタイルの

繋ぎ飼い牛舎である。 

IMG_3591自動給餌機というのは障害物があると

センサーが働いて停止する。

この牛が

どんな格好をして寝ていたのかはよくわからないが

自動給餌機は停止せずに

IMG_3592産後起立不能になっていたこの牛の

左の肩の部分をえぐって行ったようだ。

私はこのような牛の怪我を見るのは初めてだった。

「・・・とりあえず、縫っておいたほうがいいね。」

「お願いします・・・」 

IMG_3600鎮静をかけて

傷を見ると

長さは約15僂世 

肩甲骨の軟骨部分が

筋層の切れ目の奥深くに見え

IMG_3602深さもそこそこあるようだ。

まずは筋層を縫合し

それから皮膚の縫合。

皮膚の縫合は四胃変位の時と同じ

吸収糸による皮内縫合をした。

IMG_3605牛がおとなしく

楽に縫い終えることができたが

この傷の部分はよく動く場所なので

傷がちゃんと閉じてくれるかどうかは

全くわからなかった。

抗生物質を5日間駐車するように指示して

治療を終えた。

3日後

IMG_3612この牛の傷の状態は

縫合部の腫れもなく良好で

元気も食欲も正常だった。

さらに

2週間後

この牛の傷の状態を

IMG_3630往診のついでに見ると

縫合部がやや膨れて

触ると波動感があった。

これはもしや

化膿したか・・・

そんな心配が頭をよぎったので

IMG_3632腫れた部分に注射器を指して

内容を吸って見ると

淡黄色透明な漿液だった。

なんとか

化膿は免れているようだった。

 
人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  

 

子宮脱の多発牧場

「朝産んだ牛が子宮脱に・・・」

そんな稟告で向かった◉牧場。

またか・・・

胎盤や腟脱だったらいいのに・・・

そんな都合の良いことを考えながら診療車を走らせて

◉牧場に到着。

IMG_3565残念ながら子宮脱だった。

子宮に付着している胎盤を剥がして

適当な板切れを洗って用意して

場長の☆君と従業員の▼君に

板の左右を持ち上げて子宮を支えてもらいながら

牛の怒責の合間を見計らいながら

IMG_3567少しづつ子宮を押して

腹腔内へ戻し

さらに子宮脱整復棒を押し込み

反転している子宮の歪みを直す。

次に包帯とビューナー針で

IMG_3569外陰部の巾着縫合。

「・・・それにしても最近、子宮脱多いんじゃないの?」

私は縫いながら☆君にそう言った。

「はい・・・」

「・・・確かこの牛はカルシウム打ったって言ったよね。」 

IMG_3573「はい、子宮脱になってからですけど・・・」 

「・・・子宮脱の牛はほとんどが低カルシウムだからね。」

「今月、2頭目なんです。今年になってもう5頭目なんです・・・」

「・・・そりゃ多すぎるわ!」

◉牧場は搾乳牛150頭程度のフリーストール牧場だ。

IMG_3574従業員は場長の☆君を含めて3名。

「はい、それと・・・」 

「・・・それと?」 

「このごろ、お産の介助が早いんです・・・」

「・・・早い?」

「お産だとすぐ引っぱって出すんです・・・」

「・・・あー・・・それかも。」

「そうなんですか・・・」

「・・・自力で分娩しようとする前に、人が引っぱって子牛を出しちゃうと・・・」

「陣痛がそのあとから始まっておさまらなくて・・・」

「・・・子牛がもう子宮の中に居ないから、陣痛で子宮を産んじゃうゃうのよ。」

「子宮を産んじゃうんですか・・・」

「・・・そう。子牛を引っぱり出す前に、自力でもっとふんばらせないとダメだよ。」

「そうですか・・・」

「・・・子宮じゃなくて子牛を出すためにふんばるんだから。」

「わかりました・・・」

子宮脱の原因は

いまだに謎が多いのだが

4ヶ月の間に5例も出たという

子宮脱の多発牧場には

子宮脱を起こす大きな要因として

早すぎる牽引介助という

人為的なものがあったようである。

この事実は

子宮脱のナゾの解明の

新たなヒントになりそうだ。

 
人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  

 


 

走る牛たち

昨日の午後からの仕事は、

☆畜産の育成牛約200頭の、

6種混合ワクチンと嫌気性3種ワクチンの注射。

育成牛200頭へワクチンを打つだけの仕事ならば、

それほど時間はかからないが、

この日の主な仕事は予防注射というよりは、

200頭の牛たちが、

町営の育成牧場へ入牧するための、

耳標(ペルタック)の装着であった。

町営牧場の職員全員と

農協畜産部職員と

役場の農林課の職員と

共済組合職員の私が

☆畜産に集合し

元気の良い若牛たちを

数10頭ずつ

一定の場所へ誘導し

1頭1頭に処置を施してゆく。

牛たちの耳標を装着する時は

追い込みの囲い

IMG_3579あるいは

連動スタンチョンで

逃げないように保定して

牧場職員の方々が

手際よく装着してゆく。

私は

IMG_3581それらの作業の

隙をついて(笑)

ワクチンを注射してゆく。

農協畜産部の職員は

☆さんの指示に従って

数10頭ずつの牛群を

小区画(パドック)ごとに入れ替える作業をする。

じつは

IMG_3582この牛群の入れ替え作業が

最も大掛かりな仕事になる。

ある小区画から牛たちを追い出し

追い出した数10頭の牛群を

耳標の装着と予防注射をする牛舎へ

滞りなく誘導するのは

IMG_3583なかなか壮観な牛追い作業である。

行く手の途中に

機械や敷料のロールなどで

壁を作りながら

誘導の道筋を作り

そこへ全員で力を合わせて

IMG_3584牛たちを1頭も逃さずに

誘導してゆく風景は

なかなか壮観な牛追い作業なのである。

群れごと追われる牛たちは

最初は警戒してためらっているが

ある数頭が心を定めて

IMG_3585小走りに動き始めると

後続の牛たちが

それに追随して走り始め

あっという間に

大きな牛群となって

地響きをあげて走り出す。

我々はその牛群を

IMG_3586はぐれる牛が出ないように

声をかけたり

両手を広げたりしながら

誘導してゆく。

牛群を追い込む作業

というのは

IMG_3587間をすり抜けようとする牛たちの

行く手を阻む作業であるとも言える。

この作業

いつも思うのだけれど

どこかしら

バスケットボールの

ディフェンスの動きに

よく似てるなぁ

と思うのだ。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  

 




 

新生子牛への狐の食害

ショッキングな画像なので、

閲覧注意と言わざるを得ないのだが、

新生子牛への狐の食害は、

相変わらず後を絶たない。

私1人だけでも年間に数頭の症例があるのだから、

北海道の獣医師が遭遇する数は、

相当な数になるだろう。

親牛が産気づいて横臥すると

破水した後

胎胞が破れて

まず前足2本の蹄先が出て

それから鼻先と舌が出てくる。

IMG_1465そこから

胎児の頭部が完全に出るまでが

陣痛の山場で

胎児の鼻と舌は

親牛の外陰部から

IMG_1466しばらくは全く

無防備なまま露出される。

産道の狭い初産の親牛では特に

お産に時間がかかるので

胎児の鼻と舌が無防備なままで

露出される時間が長くなる。

BlogPaintこの状態が

狐にとっては

美味しい子牛を食べる

絶好のチャンスとなる。

お産している親牛のお尻の傍に

そーっと近づき

無防備な子牛の鼻の肉と

無防備な子牛の舌(タン)が

目の前に出てくるのを待つ。

IMG_3418これはもう

狐にとっては最高のご馳走である。

狐はきっと

出てきた子牛の鼻の肉と

柔らかな子牛の舌(タン)を

目を細めて

美味そうに食べるのだろう。

飼主や従業員の

分娩の監視が疎かになる

深夜から明け方にかけてが

狐にとっては

格好の食事の時間になるのだろう。

私が経験した

今までの症例を

振り返ってみると

分娩の監視が行き届いていない

大規模な農場に

狐が棲み着いて

繰り返し繰り返し

被害を及ぼしていることが多いようだ。

そういう牧場は

狐に居座られないような

工夫が必要だろう。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  

 

牛の臀位の難産

「産気づいているんだけど、足が出てこない。手を入れてみたら、尻尾(シッポ)しか触らない。」

そんな稟告で往診に行ったФ牧場。

手を入れてみると、

なるほど尻尾しか触らない。

臀部が産道に座り込むように進入し、

両後肢の先端は前方へ向いてしまっている。

いわゆる臀位(でんい)の胎児失位の難産である。

このままではどうしようもないので、

手を入れて後肢の腿から先を探ってゆくと、

胎児の右後肢の飛節に触れた。

飛節からさらに先の中足骨部にはなんとか手が届くものの

いきなり中足骨を手で握ることは不可能だった。

「まずは飛節に産科チェーンを掛けますね。」 

こういう手元から遠いところは

産科ロープよりも産科チェーンの方が操作しやすい。

軽い産科ロープの先端は飛節の上から向こうへ落としにくいが

重い産科チェーンの先端は飛節の上から向こうでタラリと垂れ下がる。

垂れ下がったチェーンの先端を

こんどは飛節の下から手を回して指で拾って手繰り寄せれば

産科チェーンを飛節に掛けることができる。

産科チェーンの操作は

重力を味方につけることができるのだ。 

めでたく産科チェーンを飛節に掛けることができたら

掛かったチェーンの手元をФさんに持っていてもらって

こんどは胎児の臀部を押して押して押しまくる。

飛節をチェーンで固定しておいて臀部を押せば

次第に飛節が産道近くへ引き出されてくる。

再び後肢を手で探ると

中足骨部から球節まで触れるようになっていた。

そこで産科チェーンのかかっている部分を

できるだけ中足骨の遠位に押しやって

もう一度チェーンを固定してもらって

私は再び胎児の臀部を押しまくる。

そして手を入れると

後肢の球節からさらにその先の蹄まで手が届くようになる。

そこでさらに産科チェーンのかかっている部分を球節にセットする。

セットした球節の部分の蹄が骨盤の内側へ向くように手で補助して

Фさんにチェーンを強く引いてもらい

それと同時にもう片方の手で胎児の臀部を強く押す。

ここが勝負どころだ・・・

グググっと胎児の右後肢が曲がって産道を通り抜け

右後肢の蹄が陰部から外に出てきた。

「よし、これで後肢が1本整復できたね。じゃもう1本。」

今度は左後肢の整復である。

もう片方の肢も

全く同じ操作をして整復をするのだが

最初の右後肢の整復の時よりも

胎児の位置と産道内に余裕ができているので

左後肢の整復は最初の右後肢の整復より

それほど時間がかからなかった。 

7BA576D9-702C-45F7-A404-15460148542Cついに後肢が2本

産道から外へ出た。

「これで、普通の逆子(さかご)と同じになったから、あとは引っ張るだけ。」

私とФさんは滑車を用意して

後肢の牽引の準備をした。

「ちょっと待って・・・、チェーンをロープに掛け替えるから。」

26F6478D-E236-41B7-AEF1-41920147725Aここは念のためなのだが

強く牽引するときは

産科チェーンよりも産科ロープの方が

胎児の肢へのダメージが少ない。

万が一とてもキツくて中足骨の骨折が起こるかもわからないと思った私は

念のために掛かっているチェーンをロープに掛け替えた。

「よし、引っ張って。」

尾位(逆子)胎児の後肢と臀部が

476D3DAC-A65E-4702-870D-8E6FF4C95D5D陣痛と共に現れて

胎児が牽引娩出された。

「お、まだ生きてるね。」

「ぶら下げて、羊水を吐き出させよう。」

私とФさんは2人で大きな胎児を抱きかかえ

近くにあった鉄柵に胎児の後半身を引っ掛けて 

1DA90C9D-18EC-4ADE-9198-7CD29201A4E2しばらく宙吊り状態にして

羊水を吐き出させた。

尾位では胎児の頭が最後まで子宮の中にあるので

羊水を飲み込んでいることが多い。

胎児が目をパチクリさせはじめたので

Фさんは胎児を床へ下ろし

E3597D2D-8D01-4146-913D-73F64336BA8B親の顔をそこへ導いた。

親牛は胎児を舐め始めた。

「そこそこの大きさの胎児だね、♂、♀、どっち?」

「・・・♀だ・・・♪」

「ちょっと待ってよ。もう1匹腹の中にいるかもしれないから。」

「え、双子だってかい?、おい、それは勘弁だなー・・・」 

「でもね、子牛がシッボから出てくるときって、双子が多いんだよ。」 

「もう片方が♂だったら、がっかりだな・・・(笑)」 

私は過去の経験から

双子の可能性を強く疑った。

恐る恐る

陰部から手を入れて

胎児がもう1つ入っていないかどうか

手をいっぱいに伸ばして子宮内を探った。

「あー・・・いないね、これ1匹だけだね。」 

「良かったー・・・♪」 

Фさんと私は

顔を見合わせて安堵した。

Фさんは60代前半

私は50代後半

息子さんと奥さんは外出中で

初老男子2名だけの

難産介助の仕事だった。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  
 

育成牛の中足骨骨折(その後)

「先生、去年骨折したあの牛なんだけど・・・」

⌘牧場の妊娠鑑定をしていたら、

息子さんがそう言い出した。

「なんだか少し足が曲がってきたみたいなんですよね・・・」

去年の6月末に、

IMG_136115ヶ月齢の育成ホルスタインが、

右の中足骨を骨折して、 

キャストによる外固定の治療を施し、

治癒した症例を、

ブログの記事にしたのだが、

その牛の事だった。

「曲がってきたの?」

「なんとなく最近そう見えるんですよね・・・」

「右の後足だったよね、骨折は治っているはずだけど。」

「そうなんですけどねー、種付けして妊娠して、そろそろ売りたいんですけど・・・」

「足が曲がってたら売り物としては、買い叩かれるか。」

「ええ、まぁそれは市場に出すときに言うからいいんですけど・・・」

「どんな感じ?、今その牛どこにいるの?」

「そこの隣の仕切りの中に居ますよ・・・」

IMG_3322私は⌘さんの息子の指差す方へ向かって

右後肢の中足骨部分に注目した。

「あれからもう9ヶ月か、大きくなったねぇ。」

「はい、右後肢のところ、わかりますか?・・・」

IMG_3323「・・・曲がってる?」

「後ろから見ると、なんとなく凹脚になってません?・・・」

「・・・あー、そう言われてみればそーかなー。」

私はこの牛の骨折の部位が

IMG_1513どこだったかを思い出せずに居た。

事務所に帰ってから

この牛のことを書いたブログの記事

を見直してみた。

IMG_1364骨折部位は

右の中足骨の近位だった。

⌘牧場の息子さんが

「なんとなく凹脚になってきた・・・」

と言ったのは

IMG_1512きっとこの骨折部位から遠位の中心軸に

内側方向へわずかな角度がついてしまったことで

飛節から下が成長するにつれて

だんだんと凹脚が目立つようになったのではないか

と思われた。

IMG_3325牛は元気でピンピンしているし

きっと普通の搾乳牛として育ってくれると思うが

市場に出る・・・

と言うことになると

目敏い買い手から

アラを探されて

買い叩かれることは

間違いないだろう。

IMG_3324私としては

あの牛の骨折が治って

ここまで大きくなってくれたことが

嬉しかったが

完全に現役復帰となるためには

なかなか色々なハードルがあるものだと思った。


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  
 






 

牛の発汗とミネラル代謝

先日の当直の朝、

和牛繁殖農家の◎さんの牛が起立不能、

という往診が入った。

この日の朝はよく晴れていて、

放射冷却で気温は氷点下10℃を大きく下回る、

シバレついた朝だった。

真冬のきついシバレ程ではないが、

まだまだ3月の朝は気温が下がる。 

IMG_3328起立不能になった親牛は

舎外のパドックでうずくまっていた。

周りの他の牛たちと様子が違い

この牛だけは

体毛が真っ白に霜がついていた。

この牛だけ発汗して

その汗の水分が体毛に付着して

毛に付着した水分が

朝の冷気によって急激に冷やされて

真っ白い霜となって

黒毛の牛の体表を覆っていた。

これぞホントの「霜降り」牛である・・・

体温37.8℃、心拍数80、呼吸数約10 

「ずいぶん汗かいてるね。お産はいつ?」

「分娩は確か去年の暮れだったと思うけど・・・」 

「お産は関係ないか。でも、こんなに汗かいて。」 

「体温が下がってる・・・」 

「これはきっと低カルシウムだと思うから、カルシウムを打つね。」 

「お願いします・・・」 

IMG_3330牛は馬と比較すると

あまり汗をかく動物ではない。

牛が汗をかく時というのは

私の経験的に感じているのは

ミネラルの代謝が異常な時が多いようだ。

特に多いのは分娩前後のミネラルの代謝異常の時で

低カルシウム血症をはじめ

低リン血症の時も

モウモウと湯気を上げて汗をかくことが多い。

「今回はお産は関係ないけれども多分低カル、念のために血液とって調べてみるね。」

私は、この牛の血中ミネラル濃度が

どのような状態になっているのか

ちょっと楽しみだった。

きっと異常な値を示すに違いない

そうなれば

牛の発汗の機序が少し分かるかもしれない。

翌日、この牛は起立して

食欲も回復したので

もう1度カルシウムなどのミネラルを投与し

様子を見ることになった。

牛はあっさり治ってくれた。

これはやはり

思惑通り

投与したカルシウムなどのミネラルが効いてくれたのだろう。

そう思って

検査センターから送られてきた検査結果を見た。

初診時の血中濃度は・・・


BlogPaint カルシウム     8.9 mg/dl

 無機リン         3.9 mg/dl

 マグネシウム  1.8 mg/dl


あれっ・・・???

どれも正常値の範囲内だった。

牛が発汗をしている時によくあると感じていた

ミネラルの異常が見られなかった。

私の経験則は

全くあてにならないことが判明した・・・

そして私は

牛が汗をかく機序が

ますます分からなくなってきた・・・

牛の発汗と

ミネラル代謝について

どなたか詳しい人がいたら

教えて欲しい・・・


人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  
 




 
 





 

牛の黒色便

「黒い便をして、餌を全く食べなくなった・・・」

当直の夜、そんな電話が入った。

酪農家のЭさんからだった。

IMG_3125「昼間はまだ餌食べてたので、様子見てたんですけど・・・」

「便が真っ黒だね。」

「急にこんな炭みたいな色の便になって、夕方からは全然食べなくなって、これはヤバイなと思って・・・」

「これは、小腸のどこかから出血してるようだね。出血性腸炎かもしれない。」

IMG_3121「腸炎ですか・・・」

「うん、それも胃に近い方のね、便が真っ黒だから。」

「コーサイレージがちよっとカビてたんですよね・・・」

「それは関係あるかもしれないね。」

私は10年近く前に、このブログで

牛のHBS(出血性腸症候群)について記事を書いたことがある。

それから年に数例

IMG_3123HBS(出血性腸症候群)を疑うような症例に

出会うことがあるのだが

今回の症例のように

飼主さんの

「餌のコーンサイレージがカビていた。」

IMG_3124という情報があると

これはHBS(出血性腸症候群)の可能性が

グンと高まってくる。

私はHBS(出血性腸症候群)を強く疑った。

体温 38.5℃   心拍数 110  

普段よりも量の多い補液とトラネキサム酸と抗生物質を投与。

初診の血液検査で

Ht(ヘマトクリット)17.4%  Hb(ヘモグロビン)6.2 g/dl

だった。

翌日からも同様の治療が続いたが

牛の可視粘膜は貧血感を増してゆき

寝起きも困難になってフラフラ状態が数日続いた。

便は黒色泥状便。

第5病日の血液検査では

Ht(ヘマトクリット)7.6% !    Hb(ヘモグロビン)2.4 g/dl !

これは・・・ひどい貧血だ。

この日から牛はとうとう起立不能となってしまった。

半ば諦めムードの中で

さらに3日間の治療が続けられた。

すると牛の顔つきがやや良くなり

食欲が出てきた。

便の色が次第に正常な色へと回復してきた。

しかし、自力起立ができず

可視粘膜は真っ白な貧血感のままだった。

第8病日の血液検査では

Ht(ヘマトクリット)12.6%      Hb(ヘモグロビン)3.6 g/dl 

これは・・・貧血が改善してきた。

さらに治療を続けると

食欲は少しづつ増加し

便の色は正常な色となった。

さらに4日間治療が続けられ

牛の顔つきは良く

食欲は1/2程度まで回復。

しかし

可視粘膜の色は蒼白

そして

どうしても自力で起立することができなかった。

四肢は脱力

麻痺が進行していた。

そして

初診から14病日

飼主のЭさんとの相談の結果

この牛を廃用処分にすることにした。

残念な結果になってしまった。



人気ブログランキング


IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画をYouTubeにアップしています。

ここを→クリックして
 
見ることが出来ます。  
 


Profile

豆作(まめさく)

ギャラリー
  • 第16回大とかち俳句賞全国俳句大会
  • 第16回大とかち俳句賞全国俳句大会
  • 第16回大とかち俳句賞全国俳句大会
  • 第16回大とかち俳句賞全国俳句大会
  • Freedom of Expression 2018.9.20.〜 in帯広
  • Freedom of Expression 2018.9.20.〜 in帯広
  • Freedom of Expression 2018.9.20.〜 in帯広
  • Freedom of Expression 2018.9.20.〜 in帯広
  • Freedom of Expression 2018.9.20.〜 in帯広
蓄 積
1日1回クリック宜しく!

願援助為自己満足
livedoor 天気
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

感 謝
牛馬語の俳句

  • ライブドアブログ