北の(来たの?)獣医師

北海道十勝地方で牛馬を相手に働く獣医師の最近考えていることを、 散文、韻文、漢詩 でつづったものです。

BGM

酔鳴さん来帯!

札幌の句友、青山酔鳴さんが帯広にやってきた♪。

IMG_4773友人のミュージシャンのLIVEツアーが、

帯広のB♭M7という店に来るのに合わせ、

俳句と抱き合わせの旅をする、という連絡をもらっていたのだ。

酔鳴さんは、いまや北海道の俳人で知らない人は誰もいない俳句集団【itak】の幹事さんの一人である。

ライブへ行く前に、ひと句会!ということで

同じく【itak】幹事さんの三品リッキーさんの「ひかり食堂」でまず食事と句会をした。

IMG_4754句座は、青山酔鳴、三品吏紀、金野克典、韮澤土竜、安田豆作、の5名。

自由題とお題「師走」「良」、で3句以上。

私以外の俳句に、とても良い句が沢山出たのだが

それは無断では掲載できないので、私の出句のみ書くが


 俳句馬鹿師走の店を貸切って


 熱燗でよく回る舌そのままに


 ライヴへと皆で熱燗引っ掛けて


とまあ、こんな調子で勢いをつけ

ライブハウスへと移動した。

IMG_4756「トリニテ」というのはピアノ、バイオリン、クラリネット、ドラム

という構成のカルテットだった。

「ジャズほど野生でもなく、クラシックほど理性が勝ってもいない・・・」

そんな言葉が、パンフレットに書いてあった。

生で聴いてみて、始めはなるほどそんな感じがした。

しかし、何曲か聴いてゆくにつれて

何か、大きな物語の中に自分が取り込まれてゆくような

大きな河のようなリズムとメロディーに引き込まれた。

IMG_4759その大きな物語の中で、知らず知らずと

自分が驚いたり笑ったり嘆いたりしているような

心の底が揺さぶられるような気分になった。

そして、洋酒をロックで飲みながらのせいもあって

なんだか俳句を詠みたくなってしまった(笑)


 バスクラとドラムが凍てし地を揺する


 冬空を突き刺す弓やバイオリン


 バイオリン冬の獣のやうに鳴り


 響き合ふロックアイスとバイオリン


 冥想のドラムが唸る冬の底


 バスクラの管にキラリと冬の星

 
 寒月を楽譜に描きゐる不思議


 冬帽やピアノの仕切るカルテット


 アンコール曲は十勝の冬に沁む


以上の9句を紙にしたためて

帰り際にCDを買った時、店のマスターに手渡した。

恥ずかしながら、トリニテのメンバーの方に見てもらったら嬉しいかなと(笑)

三次会場は

韮澤土竜氏のおすすめの店へ。

入るやいきなり、ジャズのレコードジャケットがずらっと壁を埋め

傍らにはウッドベースとミュージシヤンの写真が掛けてある

「PAGE1」という渋いジャズバーだった。

IMG_4772しかもここのマスターは、なんと俳人協会の会員で

俳句結社「壺」へ投句し、誌上で句評も担当しているという

バリバリの俳人だった。

忘年会シーズンの忙しい最中に

IMG_4765我々は奥のボックススペースに座らせてもらい

当然のように句会を始めた。

途中から

マスターの山下敦さんも加わり

6人の袋回し句会となった。

IMG_4770さらに

俳人マスターがベース演奏までしてくれて

至福の句会となった。

ウイスキーのロックが効いて

かなりのハイになっていた私が出した句は

たしかこんな句だったかと思う(笑)


 忘年会締めは俳句とジャズの店


 ミンガスのベース恋しや雪の街




人気ブログランキング

IMG_2775
左の写真の道具を使う


「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画を撮りました

写真をクリックして

ご覧いただけます。
 



 

衆議院選挙が年内にあるとは思わなかった。

衆議院がいきなり解散するようだ。

年内に選挙があるとは思っていなかった。

投票日までに

いろいろ考えなくてはいけない事があるはずなのに

じっくり考える時間がない・・・

という不安が先立つ。

マスコミが流している選挙の争点は

アベノミクスの是非なのだ、と言うが

本当にそんなことが争点なのだろうか?

各政党の公約はどうなっているのだろう?

前回の選挙と公約が違っている部分もあるようだ・・・

たとえば「TPP」に対する政権与党の考え方は

前回選挙の消極的姿勢から比べて

積極的な参加の姿勢に変わっていると言われる。

アベノミクスの是非を問うならば

そこは変わらないはずなのに。

また「原発問題」に対する政権与党の考え方も

未だに山積みになっている未解決な問題を

あえて選挙の争点から遠ざけようとしているように見える。

そんな事をじっくりと考える時間のないままに

衆議院選挙の投票日が

すぐにやって来るという事態になった。




canbadge-2-sets















IMG_2775
左の写真の道具を使う

「牛のニコイチ捻転去勢法」

の動画を撮りました

ご覧になりたい方は

写真をクリック願います。



とてもパンクな日々

先日の仕事を終えた夕方

診療車の右側が妙に低く傾いていたと思ったら・・・

右後輪の空気が完全に抜けてペシャンコに・・・

そのままでは走れないので

スタッドレスに履き替えて、農協スタンドでタイヤを見てもらうと・・・

「これ、真横に穴あいてるから、中のワイヤも切れちゃってるから・・・・ダメだわ。」

「・・・そうですか。」

なんと・・・

新車を更新してからたったの10日目にして

診療車のタイヤを1本、あえなく交換する憂き目に会ってしまった。

乗っている間、まったく思い当たるところが無かっただけに

不思議というか情けないというか・・・

凹んだのはタイヤばかりではなく

気分も凹んで、写真を撮る気も起こらず

翌日新品のタイヤをスタンドから持ってきてもらうことにした。

その翌日・・・

朝の出勤途中

自家用車のカーラジオが聞こえなくなるほどの雑音が聞こえたと思ったら

乗っている自家用車が、だんだん左側に傾いて

上下振動と周期的な雑音が一層激しくなった・・・

慌てて車を止めて、見ると、左前輪がペシャンコに・・・

事務所に遅刻する旨の電話を入れて、最寄のカーサービス店まで徐行運転・・・

そこでタイヤを見てもらうと・・・

「真横いっちゃってますね・・・これ、替えないとダメですね。」

「・・・そうですか。」

な、なんと、連日で

診療車に引き続いて、自家用車までも・・・

長距離通勤していた時は、1度もパンクなどしなかった自家用車が

通勤時間たったの10分の新任地の通勤途中でバーストしてしまうとは・・・

ついてないというよりは・・・

不幸中の幸いというべきなのかも知れないが・・・

しかたなく、その場でスペアタイヤに履き替えて

カーサービスの店員さんに礼を言って

再び凹んだ気分で、タイヤの写真をとる気にもならず

朝の事務所にたどり着いた。

この日の仕事は・・・

DVC00763先日の診療車のタイヤ交換から始まった。

自家用車のタイヤの交換のほうは

今日の仕事が終わった後

どこかのスタンドで新品と換えてもらおう・・・

DVC00762一昨日、昨日、そして今日と

診療車も、自家用車も、私も

空気が抜けっぱなしの

凹みっぱなしの

とてもパンクな日々だ・・・(苦笑)

人気ブログランキング











リリーズがやってきた!

23日の昼飯を、事務所の和室で食べていると

開けていた窓から歌声が流れてきた。

ずいぶん昔に聞いたような、懐かしいメロディーと歌声だった。

この日はT町の秋祭り、事務所の向かいにある柏林公園の野外ステージでイベントがあった。

私は勤務なので見に行けなかったのだが

IMG_0192職場の広報誌の取材を担当している同僚のK獣医師が写真を撮ってきた。

「大泉逸郎が来るっていうんで、写真撮りに行ったら、リリーズが出てきて歌ってましたよ。」

「リリーズ!!・・・なつかしいなー!!・・・さっき『好きよキャプテン』歌ってたよね。ここまで聞こえてきたよ。リリーズ、知ってた?」

「・・・いちおう、知ってますけど。」

「いやー懐かしい!!。リリーズが写ってる写真、それ、ちょうだいね!」

「・・・いいですけど。・・・安田さん、リリーズそんなに好きだったんですか(笑)」

双子のアイドル・リリーズの唯一の大ヒット曲『好きよキャプテン』は、私が中学3年生の時に流行った歌だ。

その後、これといったヒット曲もなく、リリーズの人気はあまり続かなかった。

当時の女性アイドルは、山口百恵、桜田淳子、森昌子の御三家や、ピンクレディー、キャンディーズなど

錚々たるメンバーがテレビを賑わせていて、リリーズはその陰に隠れて人気も長くは続かなかったように思う。

それから数年経った後、私が故郷静岡の高校二年生だった時

「静岡まつり」のライブイベントのゲストに、リリーズがやってきたことがあった。

その時もリリーズは、人気絶頂だった大場久美子の陰に隠れて

大場久美子のステージの前座を勤めるという形だった。

そのときリリーズの二人がステージでいった言葉を今でも憶えている。

「私達は、北海道の夕張という所の出身なんです。雄大な自然に囲まれたとてもいいところです。」

そして、こんなことも言った。

「私達は、山育ちなので、蛇やトカゲを見ても可愛くて、全然怖くありませーん。」

以来、私はリリーズを生でもテレビでも見たことが無かったが、この言葉だけは妙に憶えていたのだった。

c0759778あれから、34年・・・

ずいぶんと長い時間を経て、私はその歌声を再度聴いたのだった。

K獣医師が撮った写真では、顔がよく見えないが

まぁそれもいいかもしれない(笑)

それにしても、リリーズがまだこうやって、双子の歌手として頑張っているのを目の当たりにすると

なんだか、深い感慨が湧いてくる。

30年以上前の大人気だった上記の女性アイドル達は、もう今は、ほとんどが引退しているか

していなくても音楽はやめていたり、当時とは違ったことをやっている人達が多い中で

このリリーズは、30年以上も前と同じような活動を、今も続けているのである。

それも、私の診療地区の小さな町の一イベントにやって来て

30年以上も前のヒット曲『好きよキャプテン』を歌っているのだ・・・。

とても懐かしくなったので、リリーズをネットで検索し

リリーズのファンクラブのオフィシャルサイト

リリーズの事務所のオフィシャルホームページを覗いてみた。

と、そこで・・・

私は新たなる発見をしてしまった。

彼女達の生年月日は、1960年12月7日。

なんと、1960年9月23日生まれの私と同じ齢

全くの同世代なのであった。

   *     *     *

私の職場では、リリーズを知っている同僚は、意外に少なかった。

当然知っているであろうと思われた、私より数年若い世代のH獣医師やN獣医師とて

知らないか、忘れているか、なのであった。

「リリーズ・・・知らないの?」

「僕は知らないんですよねー・・・」

「双子の女の子のデュオなんだけど。」

「もしかして、頭に羽根つけてインディアンみたいな格好して歌ってたアイドルですか?・・・」

「・・・いや・・・ちがう、ちがう(笑)・・・それは、リンリンランラン(笑)・・・。」

人気ブログランキング





新世界より

クラシック音楽を特に好んで聴く方ではないのだが

最近、ある曲の名前とサビのメロディーを覚えた。

ドヴォルザークの「新世界より」、交響曲第9番、第四楽章。

http://www.youtube.com/watch?v=NJxii6bOEPI&feature=related

なかなか

いい曲♪

なのであるが・・・

どーも、好きになれないのだ。

というのは・・・

最近、この曲を聴くたびに

身も心も、緊張するようになってしまったから(笑)

DVC00815この曲が

夜間当番の携帯電話の

着信メロディーになって

もう、1年以上になるだろうか。

非常にポピュラーな名曲なので

自家用車に乗っている時でも

NHKのFMなどを聴いていると

スピーカーからこの曲がよく流れ出て

そのたびに

身も心も、ドキッ、と緊張するのである。

夜間当番ではない日でも

この曲がラジオから流れてくると

一瞬ドキッ、としてしまう。

完全に条件反射が身に付いてしまった(笑)

名曲を着メロにするのは、悪いことではないと思うが

夜間当番の携帯電話の着信に限っては

使うのはちょっと

考えたほうが良いかもしれない。

せっかくの名曲が

嫌いな曲になってしまう(笑)

人気ブログランキング







カウブラシソング・完成!

半ば冗談、いや、9割冗談で

回転カウブラシのCMソングを作りませんか?

と、モウエサさんに言ってあった、例の都々逸調の詞。

カウブラシ『♪孫の顔など見た事ないが

  痒い所に手がとどく

  狭い屋敷に大きな体

  寄せりゃ回転カウブラシ♪』

なんと、今朝

モウエサさんからメールが来て

曲が完成したという!

さっそく、モウエサさんのブログへ行って

曲を聴いて見た。

お見事というほかない!

牛の鳴き声と、カイカイっ、というバックコーラスが入った

とても楽しい作品に仕上がっている

思わず大笑い。

いやー、作曲の才のある人というのはすごいなー。

感謝、感激!

モウエサさん曰く

「今の小室哲哉になら、勝てる。」

そうです(笑)

ジョン・レノン

671f3636.jpg12月の初めの恒例行事
「WITH THE BEATLES !」
が、今年も開催された。

道東で活躍するビートルズ好きのバンドが集まって
ビートルズのNumberを演奏しまくる楽しい夜だ。

今年は妻と、Kさん夫婦とOさんも一緒だった。
5人の平均年齢はおよそ46歳。
また、ステージに上がっているバンドの人達も40代が多いということだった。
じつは客席に一番多かったのは50代だったそうだ。

さすがビートルズ世代!。

昨日はしかも12月8日。
ジョン・レノンの命日というオマケまでついた夜だった。

二組のバンドが「メリークリスマス」を演奏し、二番目のバンドが「イマジン」を演奏。

「イマジン」が流れたとき

ステージのスクリーンには、偶然にも

ジョン・レノンの顔がアップで大写しになり

会場は、静かな感動に包まれたのだった。

山下達郎の「雨」

c56df255.jpg山下達郎がブレイクしたのは、私がまだOC大学の学生だった頃だ。

RIDE ON TIME を初めて聴いたときの衝撃は忘れていない。

洗練された編曲。

ダサい田舎学生だった私には似合わなような気もしたが、そんな些細な照れ臭さなどはものともせず、突き抜けるように、私の心を鼓舞した歌詞とメロディーだった。

もう、好きな曲は沢山あり過ぎるほどある。

が、その中でも好きな曲を、3曲。

 

  2000トンの雨 

   見えるものは 指の間を 伝って落ちる 雨

   道の向こう そびえ立つタワー もうすぐ空へ 届くだろう

   僕の思い何ひとつ 伝える術も無いのに

    〜 〜 〜

   2000トンの雨が降れば 僕は今日も1人

 

今でもこれを聴くと、学生時代の気ままで、ちょっと淋しくて、未知なるものへの期待でワクワクしたような気持になるから不思議た。

 

  RAYNY WORK

   〜 〜 〜 音もなく雨 アスファルト 塗り替えて Ah

   タブロオのよう 夜明けの 雨  RAINY WORK 〜〜〜

 

帯広の街の、碁盤の目状に広がる舗装道路を、暖かな雨に濡れて、歩いているような曲。 傍から見れば、一人の世界に閉じこもっている男の歌だけど、当時の私はこの感覚に共鳴し、しびれた。

ちなみに、この曲のドラムスは高橋幸宏、ベースは細野晴臣。たまりません。

 

  クリスマス・イブ

  雨夜更過変雪片  一人聖日君未見

  消残恋情不叶願  今宵空想告白幻

 

以前にもちょっとこの詞は書いたけれど、これもまた、孤独でモテない男の歌と解釈することができる。

以上3曲。大好きな歌なのだが

すべて「雨」がテーマの歌なんだなこれが。

  

   

With THE BEATLES !

ポスター一昨日の夜は雪が降ったが、ライブハウスは熱かった。

十勝のビートルズ好きのバンドが集まって、ビートルズのナンバーばかりを演奏するWith the Beatlesは今年で20周年になるという。

私はこのイベントを聞きに行くのはまだ2回目だが、生演奏のビートルズがたっぷり聴けるとあって、もう私の中でこのイベントの優先順位は高い。

帯広の音楽シーンにはまるで疎い私だったが、たまたま3年前、「道東ビートルズ」というバンドのドラマーになったS君(大学の後輩でもある)から、チケットを貰ったのがきっかけだった。

参加バンドは、この「道東ビートルズ」のほかに、私と同じ世代らしい「Fan's Bar band」、若くて元気がいい「ビートルーズ」、ブルーステイストの「Water Gunn」、の四つ。(写真は「ビートルーズ」)

ビートルーズ

毎年12月8日のジョン・レノン忌の近くに開催されるのだ。ライブハウスには200人を超えるビートルズ好きが集まった。

1960年生まれの私でさえ、ビートルズを聞くのはリアルタイムではなく、リバイバルヒットの時だというのに、この人気はさすがにビートルズだ。

私が始めてビートルズの曲を聴いたのは、小学校6年の時。夏休みの民営プールサイドだった。春日井製菓で出している「えぴピー」というお菓子が当時あった(今でもあると思う)。その「えびピー」の名をを何度も何度も連呼する歌が、妙に心に残っていて、なんていう曲なんだろう?とずーっと思っていたのだが・・・

中学になって、それが「レット イット ビー」であることがわかった・・・

まぁこんな出会いだったが、それからあっという間にビートルズの洗礼を受けた中学生になってしまったことは言うまでもない。中学・高校時代の沢山の思い出の中に、いつもビートルズナンバーが流れているのだ。

昨日今日と、私の頭の中には、ライブの余韻が残っている。

 イヤーホン今ビートルズ雪を掻く

EARTH WIND & FIRE

262422ae.jpg 当番の往診を終えて、晩飯でも買おうかと、町に出てみると、駅前広場から何やら乗りのイイ音楽が聞こえてきた。ライヴをやっているようだった。

コンビニ飯も飽きていたので、会場で食い物を探そうと、近づいてゆくと、音楽は大音響のソウルミュージック。

おおっ。「ブギウギーワンダーランド」ではないか!そして、次のナンバーは、「セプテンバー」・・・!

ウインナーをかじりながら、シャウトの合間のトークを聞いてみると、「夏はいつも小麦の収穫でいそがしいんだけど、今日は・・・」とか「元気出してるかい!幕別は・・・」などと、地元人間の話し振り。彼らは、商工会のEARTH WIND&FIRE コピーバンドだった。横断幕には「極・楽・夏・幕」の文字。

テントの出店とコンテナー椅子に親子連れから若い衆までたくさん集まって聴いている。ステージの前には、座っていられぬ連中が20人ぐらい踊りだしている。

いやぁ実にイイなぁ、こんなところで、ディスコミュージックが生演奏で聞けるなんて、思ってもみなかったよ。

わが町の商工会も捨てたもんでないぞ。と、思わず、私もステージの前に行って、踊りの中に入りたい衝動に駆られた。が、仕事中のツナギと帽子に白長靴であることで・・・断念。往診の電話がもし鳴ったら、大スピーカーの前では聞こえないしね・・・。ぐっと我慢して、拍手だけたくさん送った。

でも、事務所に戻って、今夜はカルテをノリノリで書き上げた。THANK YOU!


 

クルセイダーズ

仕事中、とくに診療途中の車の中や、治療の準備をしているときなど、頭の中にはいろんなBGMが流れている。

そういう曲の中で、最近多いのは、妻が朝携帯の目覚ましに使っている曲(ジャニーズだったか・・・)とか、子供らがガンガン鳴らして聞いている曲(どこかのCMソングだったか・・・)とか、まるで私の趣味とはかけ離れたこの頃ののヒット曲が多くて、ちょっと戸惑っている。

頭の中で鳴り始めると、まるでシャックリのように、自分で意識して止めようとしてもなかなか止まらずに、ずーッとリピートしてしまうのだ。

でも気分の良い時は、そのBGMが、自分の好きだった曲になってることが多い。

今日はなぜか、昔大好きでよく聞いていたクルセイダーズのナンバーが頭から離れなくなって、楽しく仕事をこなすことができた。

もう20年以上も前のことを思い出す。

帯広の総合体育館でクルセイダーズのコンサートを聴きに行った時。後半の曲で盛り上がって、椅子に行儀よく座っていた聴衆がだんだんステージの下に集まって踊り始めたのだ。バリバリのロックでもない、ジャズ・フュージョンであんなに盛り上がったのは意外な事だった。

キーボードを演奏していたジョーサンプルが、メンバーにデッカイ目で合図を送ったりして、楽しそうな顔をしていたのを覚えている。

でもサックスのウイルトンフェルダーは、音色はすごかったけど、ずーっと無表情でボサーっとした顔をしていたなぁ・・・そういう姿も、ある意味カッコイイけどね。

カレン・カーペンター

カーラジオからなつかしいカーペンターズの歌が流れてきて思わず聞き入っていた

「イエスタディワンスモア」が日本で大ヒットしたとき私は中学1年生、家の近くのとある書店で聞いたこの歌のサビのフレーズを思い出すと、その書店の本の印刷の匂いまでよみがえってくるようだ、私の青春時代が始まろうとしていたのですよ、懐かしいなぁ

同じ部活(バスケット部)で補欠同士で仲の良いN賀というヤツがいたんですが、それがなかなか趣味の良い音楽ファンで、自らヘタクソなピアノを弾きつつ、ビートルズやカーペンターズのナンバーを歌ったり、わざわざデカいラジカセを自転車のかごに入れて登校してきて、「おい安田、スーパースターって曲いいぞ」とかいって一緒にカセットテープを聴きながら登下校したことを思い出すのです

そのN賀がある日、カーペンターズが静岡に来るんだと興奮しながら、コンサートに一緒に行こうと誘ってくれた、1974年の日本ツアーだったんだね、中学2年生の男の子二人でカーペンターズのコンサート見たなんて、今思うとなかなかのガキだったとも言えますが(笑)、このコンサートで一番印象に残っているのが、カレン・カーペンターなんです、レコードのジャケットや歌声だけ聴いていたら、流暢な歌をしっとりと歌い上げるとても女っぽい人かと思っていたのです、が、実際の彼女の舞台を見てみたら、何が何が、ステージで踊りまくるわ、アップテンポにあわせて太鼓をたたきまくるわのノリノリなヤンキー娘だったんですよ、その時の私は彼女のしおらしい歌声を期待していたので、ちょっと期待はずれというか、イメージにギャップがあったことを良く覚えています、それとジャケットの写真よりも実物が痩せていたのも・・・でもあれがアメリカのエンターテインメントだったんだなぁと今も思ってます

カレン・カーペンターはそれから何年かして、親や兄からの精神的プレッシャーなどから拒食症になり亡くなってしまうのですが(享年32才)・・・ちょっと無理して元気に振舞っていたのかもしれないね

Profile
ギャラリー
  • 仔牛の上腕骨骨折
  • 仔牛の上腕骨骨折
  • 仔牛の上腕骨骨折
  • 仔牛の上腕骨骨折
  • 仔牛の上腕骨骨折
  • 仔牛の上腕骨骨折
  • 俳句の天才・依田明倫翁
  • 俳句の天才・依田明倫翁
  • 俳句の天才・依田明倫翁
蓄 積
1日1回クリック宜しく!

願援助為自己満足
livedoor 天気
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

感 謝
牛馬語の俳句

  • ライブドアブログ